高齢者の食事は「牛丼」や「ハンバーガー」が理想的なワケ【現役医師が解説】

現代の日本では、「太ることを極端に嫌がる」人が少なくありません。「野菜を食べて、質素な食事をすることが健康につながる」といった考えが広がるなか、現役の医師である野末睦氏は「還暦を過ぎた人は、軽度肥満くらいが理想的な体形」だといいます。その理由をみていきましょう。

【関連記事】なんとも悲しすぎる…高齢者が取材で語った「人生の後悔」4つ

還暦以降は「理想体型」の概念を変えるべき

在宅医療を受診する患者さんは、「栄養失調」の人が多いです。いろいろなところで統計がとられていますが、どの調査でも大体80%の人が、栄養不良または栄養不良の恐れがあるという結果になっています。

 

飽食の日本と言われて久しいと思いますが、高齢者に関しては、とても厳しい現状が横たわっているのです。これはなぜでしょうか。

 

現在の日本では、若者は極端に太ることを避ける風潮があり、例えば、現在の女性アイドルの体型と、20年ほど前のアイドルとの体型を比較しても、明らかに現代のアイドルは痩せています。

 

また、いわゆる中年になると、生活習慣病と言われる疾患に罹る人が多く、食事指導といえば、摂取カロリーをいかに減らし、塩分も減らし、ということに注力します。

 

そのため、「痩せることはいいことだ。」「野菜中心の食事で炭水化物を減らせるだけ減らすのがいい。」という考えが、日本全体に広がっているのです。

 

還暦までは、このような考えはとても大事だと思います。しかし還暦を過ぎたあたりから、体重としては軽度肥満(BMI(bodymassindex)で26前後)くらいが理想的だということがわかってきています。

 

BMIとは体重(kg)を身長(m)の二乗で割って求められますので、ご自身のBMIを計算してみて下さい。

 

私は現在64歳ですが、体重87kg、身長1.8m、BMIは27となります。今後は、体重を横ばいに保ちながら、筋肉量を維持または少し増やすために、高タンパクの食事を心がけながら、運動をしていきたいと考えています。

 

このように、還暦を過ぎていても、病気や怪我がない人は、軽度肥満を保つことが比較的容易であると思いますが、病気や怪我を患って、その治療後に訪問診療を必要になった人々は、最初に述べたように、栄養不良の状態になってしまった人が80%を占めています。

 

つまり訪問診療に至るまでの闘病生活で、多くの人が痩せてしまうのです。あるいは、筋肉を失ってしまうのです。

 

このように、もともと痩せていて栄養不良の状態だった人が在宅医療を受けるようになった場合や、もともとは栄養状態がよかった、あるいは肥満気味だった人が、闘病生活で栄養不良になってしまった場合、在宅医療の場では、その悪い栄養状態を、いかに改善していくかが大きな解決課題になります。

 

医療法人 あい友会 理事長

1957年生まれ。82年筑波大学医学専門学群卒業、91年筑波大学臨床医学系(外科)講師。
93年 ハーバード大学医学部マーサチューセッツ総合病院研究員を経て、2002年庄内余目病院院長就任。06年 庄内余目病院創傷ケアセンター長兼務。14年 あい太田クリニック、20年 あい庄内クリニック、21年 あい駒形クリニックを開設。現在 医療法人 あい友会理事長兼 あい太田クリニック院長。
国内の7割以上が常勤医1名の過酷な訪問診療の現状に対し、多人数の医師体制にすることにより多くの患者へ高質な在宅医療特有の専門医療を提供出来る新しいモデルを構築。

著者紹介

連載現役医師が語る「在宅医療」の現状

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧