医師の自殺率は一般人の2倍「親身な医師ほど…」漂う不健全感【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

医師の自殺率は一般人の2倍で、科別では精神科医が上位にくるという統計データがあります。精神医療は特に保険制度に問題があり、真面目に患者と向き合おうとする医師はどんどん疲弊していってしまう、と医療法人瑞枝会クリニック・院長の小椋哲氏は語ります。ここでは同氏が、精神医療現場の過酷な実態について解説します。

【関連記事】日本と大違い…アメリカ「食えない仕事ランキング」トップ10

”稼ぎ担当”医師と”ボランティア担当”医師の不公平

大学病院など多くの患者が詰めかける病院では、30分に5人の予約を取っているのが一般的です。実際には全員きっちり5~6分の診察を行うわけではなく、どうしても数分では終えられない患者には10分以上診察し、調子の良い患者やあまり時間をかけても成果が変わらないと考えられている患者は2~3分で診察し、帳尻を合わせています。

 

保険診療の枠組みでは、精神医療の外来収益の中心は、通院精神療法が担います。

 

この場合の保険点数は、5分以上30分未満の診察は330点、30分以上時間をかける診察では400点と、70点しか変わりません。現在の精神医療が破綻している保険制度上の原因はここにあると言っても過言ではありません。

 

初診の場合、とても5分10分では最低限のヒアリングをできないため、どの病院でも30分程度は診察時間をかけ、割に合わないながらも、400点を確保します。

 

再診の場合は、1時間あたりで見ると、5分の診察を12人の患者で回せば3960点の保険点数を確保できるのに対し、30分の診察であれば1時間に2人しか診ることができないため、800点しか確保できないことになります。経営の観点からは、前者で運営するほうが高収益となることは、火を見るより明らかです。

 

つらい症状を抱える患者と真摯に向き合い、適切な対人援助を提供しようとする医師が、そうではない医師に比べて得られる診療報酬が約5分の1という事態は健全とはいえません。

 

効率良く数分で診察を終える”稼ぎ担当”医師が大勢いる一方で、親身になって時間をかけて患者の話をよく聞くため、回転が悪い”ボランティア担当”医師もいます。

 

診察の早いタイプの医師が一定割合以上を占めていないことには経営が成り立たないため、診察に時間をかける医師に対して経営陣は「稼ぐように」というプレッシャーをかけざるを得ません。

 

また、診察の長いタイプの医師には、いわゆる”面倒な患者”や難治の患者ばかりが割り振られる傾向があります。”ボランティア担当”医師は、必死にそのような患者に寄り添う医療を実践しようとし、オーバーワークになってしまうのです。

医療法人瑞枝会クリニック 院長 精神科医

1968年生まれ、鳥取県出身。
2005年熊本大学医学部医学科を卒業後、2007年東京大学医学部附属病院精神神経科に入局。
東京都立松沢病院、東京大学医学部附属病院(助教)、宇治おうばく病院などの勤務を経て、2015年瑞枝カウンセリングオフィスを開所。
瑞枝カウンセリングオフィスでの心理サービスを、精神科保険医療のなかでも展開するため、予約診療を自在に組み合わせた「瑞枝会モデル」を構築。
その実践の場として、2016年瑞枝クリニックを開業し、2018年医療法人瑞枝会クリニックに改組。
小学生時代に米国現地学校へ通い人種差別を経験。
中学では不登校となり児童精神科を受診、高校では精神的危機に陥り中退するなど、精神科ユーザーとしての苦しみに共感できる素地がある。

著者紹介

連載「精神科医が語る」医療現場の現実

※本連載は、小椋哲氏の著書『医師を疲弊させない!精神医療革命』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師を疲弊させない!精神医療革命

医師を疲弊させない!精神医療革命

小椋 哲

幻冬舎メディアコンサルティング

現在の精神医療は効率重視で、回転率を上げるために、5分程度の診療を行っている医師が多くいます。 一方で、高い志をもって最適な診療を実現しようとする医師は、診療報酬が追加できない“サービス診療"を行っています。 こ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧