だから、社員がやる気になる!失敗しない「経営計画」の作り方 (※写真はイメージです/PIXTA)

どうすれば、社員がやる気を持って働いてくれるのか。社員が会社で実現しようとしている夢と会社の経営ビジョンが一致したとき、社員はやりがいを感じるものです。「A4一枚で作る経営計画書」を参考にしながら解説していきます。※本連載は、宮内健次氏の著書『経営計画100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋、再編集したものです。

【関連記事】コロナ後の環境激変に戸惑わない…中期経営計画はどう作るのか

意義は社長自身の置かれている状況を考える項目

■まず、なぜ作るかを考える

 

ここからは、経営計画のそれぞれの項目について解説していきます。A4用紙一枚で作る経営計画書のフォーマットを参照しながら読み進めてください。

 

[図表1]A4用紙一枚の経営計画書フォーマット

 

まずは1.意義の項目です。これは、経営計画を作成することに、どのような意義があるのかということです。自社の置かれた外部環境と内部環境の中で、経営計画の作成がいかに必要となってきているかを記載していきます。

 

経営計画は、突然作成するものではありません。経営計画を作るに至った事情があるはずです。それを文章で説明することにより、社員に経営計画のねらいを理解してもらえます。また、社外の人に会社の将来の姿を認識してもらうこともできます。この項目は、経営のトップである社長自らが、決意表明という意味合いも込めて記載しましょう。

 

①今回なぜ経営計画を作成しようと決めたか、経営計画への思いを記載します。たとえば、従来は「なりゆき経営」で業績が悪化傾向にあったが、これからは計画的な経営に転じ、将来のビジョンをもって進みたいと思った、などです。

 

②会社の過去の成長の軌跡を記載します。今まで、会社がどのような歴史をたどってきたのかをふり返りましょう。

 

③現在会社を取り巻く外部環境について、簡単に概要を記載します。

 

④会社の内部環境について概要を記載します。会社の商品力、人材力など、現在もっている会社の能力を確認します。

 

⑤会社の経営ビジョンの概要を記載します。長期的に会社をどのようにするのか、その将来のビジョンを明示します。

 

⑥会社の経営目標の概要を記載します。経営ビジョンを達成するためにどのように経営目標を立てているか、その目標を明示します。

 

⑦経営計画のガイドラインとして全体の構成を明記し、この経営計画を今後どのように進めていくのかについて記載します。

 

⑧この経営計画全体をひと言で述べるとどういうものなのか、はっきりわかるような副題を記載します。このキャッチフレーズによって、社員が経営計画を身近に感じられるようになります。

 

ワンポイント
「意義」の項目は、社長が自らの会社のおかれている状況、めざしていくビジョンを考える項目。

具体的行動
副次的にリンクづけできる「副題」や「経営目標」の意味や概要を説明する。

 

「経営計画」は「経営理念」から始まる

■会社の指針を定める

 

2.経営理念は、企業の基本的な指針です。何をよしとし、どのような行動基準をもつかということです。これは、経営計画の中で最も大切なものです。「経営計画は経営理念から始まる」といっても過言ではありません。

 

経営理念を明文化する目的は、経営活動をするうえでの「モノサシ」を作ることです。この「モノサシ」には、会社の社会での役割と会社の判断基準という、2つの目盛りを入れてください。企業が社会の中でどのような役割を果たすのか、また、社員がどのような基準で物事を判断していくのかを、明確にするのです。そうすることで、組織が一丸となって進んでいけるようになります。

 

経営理念は社員全員が共有するものですので、わかりやすく、なじみやすい内容がよいでしょう。特別にカッコいいものを考えようとする必要はありません。また、他社の経営理念を参考にするのはよいですが、そのままマネしても何の意味もありません。自分の会社に合った理念を定めましょう。

 

すでに企業に何らかの経営理念があるのでしたら、それを踏襲して記載してください。

 

ただし、その経営理念が現在の時代や経営内容とかけ離れてしまっていたら、再検討が必要です。もし現在、はっきりした経営理念がないのであれば、経営者のモットーや座右の銘、創業時の思いなどが、経営理念の候補になります。それぞれふり返ってみてください。

 

経営計画の階層構造。

 

 

ワンポイント
経営理念は、この会社は何のためにあるのか、何をしていく会社なのか、指針として経営者が考える「モノサシ」である。
具体的行動
社員全員が共有するわかりやすく、なじみやすいスローガンがよい。

 

【期間限定オンライン開催/LIVE配信】
時間もお金も、自由に手に入れる!
1時間でわかる「医師だけ」のための投資セミナー ~不動産投資~
詳細はコチラ >>

中小企業診断士
社会保険労務士

株式会社千葉銀行に入社し、支店、本部勤務後、株式会社ちばぎん総合研究所にてコンサルティング部門を25年間経験し部長職などを歴任。その後、公益財団法人千葉県産業振興センターに入社し、経営相談に2020年まで携わる。

コンサルティングでは、経営計画の作成・推進支援、経営改善支援、5S導入支援、人事制度構築支援、社員教育などを行う。

その他、各地商工会議所などでの講演、TV出演、新聞・経営専門誌への寄稿など多数。

【主な著書】
『黒字を実現する20の「仕組み」の進め方』(中央経済社)
『A4一枚で成果を出す!まんがでわかる 経営計画の作り方、進め方』(ウェッジ)
『A4一枚から作成できる・PDCAで達成できる 経営計画の作り方・進め方』(日本実業出版社)

著者紹介

連載成果を出す「経営計画」100の法則

A4一枚で作る PDCAを回せる 経営計画100の法則

A4一枚で作る PDCAを回せる 経営計画100の法則

宮内 健次

日本能率協会マネジメントセンター

「経営計画」は「A4用紙一枚」から。 この1冊で「A4一枚×経営計画」の基本がわかる。 1万件以上の経営指導をした元銀行マンが教える、最もシンプルな経営計画の実践メソッド。 経営計画をつくり、きちんと儲かる会社に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧