今さら聞けない「決算書」の基礎知識、使い方のポイントを解説 (※写真はイメージです/PIXTA)

決算書は会社の経営や財務の状況を表すデータですが、読み方を知っておけば正確な会社の現状把握に役立ちます。決算書は貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書などから成り立っていて、経営の分析や管理、今後の経営方針の組み立てにも活用できます。経営計画の作成・推進支援のコンサルティング経験が豊富な中小企業診断士が著書『経営計画100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で、解説します。

「お金」の最新情報をチェック!メルマガ登録はこちらから

決算書の分析から経営を見直す

■3表の注意点

 

決算書分析は、決算書をもとに、会社の業績、財政状態、資金繰りを分析することです。

 

決算書分析の結果、業績、財政状態、資金繰りがよければ問題はありませんが、何らかの問題があれば、改善するために必要な手を打っていきます。

 

代表的な決算書には、次の3つの表があります。

 

①損益計算書……会社の経営成績を表す。
②貸借対照表……会社の財務状態を表す。
③キャッシュフロー計算書……会社の資金繰り状態を表す。

 

■損益計算書で注意する点

 

1.利益項目は適切か

 

①売上利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益という5つの利益項目はプラスになっているか。
②5つの利益項目は、時系列で大きな変動はしていないか。
③5つの利益項目は、それぞれ売上高に対して業界平均以上の比率になっているか。

 

2.勘定科目は適切か

 

①勘定科目は、時系列で大きな変動はしていないか。
②各勘定科目に突出した値はないか。
③材料、仕掛品、製品の棚卸高について、時系列で大きな変動が生じていないか。

 

ワンポイント
決算分析ができると自らの会社の状態がわかるようになる。
具体的行動
①収益性の分析……会社がどの程度儲かっているか。
②安全性の分析……会社の財政状態に問題はないか。
③成長性の分析……会社が今後成長していけるかどうか。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5月16日(月)開催
高いリターンと⼀括償却の節税が可能新しい投資商品
「国の補助金(4500万円)×太陽光発電×マイニング事業」
緊急セミナー[法人様限定] 詳しくはこちら>>>

中小企業診断士
社会保険労務士

株式会社千葉銀行に入社し、支店、本部勤務後、株式会社ちばぎん総合研究所にてコンサルティング部門を25年間経験し部長職などを歴任。その後、公益財団法人千葉県産業振興センターに入社し、経営相談に2020年まで携わる。

コンサルティングでは、経営計画の作成・推進支援、経営改善支援、5S導入支援、人事制度構築支援、社員教育などを行う。

その他、各地商工会議所などでの講演、TV出演、新聞・経営専門誌への寄稿など多数。

【主な著書】
『黒字を実現する20の「仕組み」の進め方』(中央経済社)
『A4一枚で成果を出す!まんがでわかる 経営計画の作り方、進め方』(ウェッジ)
『A4一枚から作成できる・PDCAで達成できる 経営計画の作り方・進め方』(日本実業出版社)

著者紹介

連載成果を出す「経営計画」100の法則

※本連載は、宮内健次氏の著書『経営計画100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋、再編集したものです。

A4一枚で作る PDCAを回せる 経営計画100の法則

A4一枚で作る PDCAを回せる 経営計画100の法則

宮内 健次

日本能率協会マネジメントセンター

「経営計画」は「A4用紙一枚」から。 この1冊で「A4一枚×経営計画」の基本がわかる。 1万件以上の経営指導をした元銀行マンが教える、最もシンプルな経営計画の実践メソッド。 経営計画をつくり、きちんと儲かる会社に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ