インフルエンザワクチン接種者の新型コロナワクチン接種意向 (写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、ニッセイ基礎研究所が2021年8月5日に公開したレポートを転載したものです。

要旨

インフルエンザのワクチンを接種している人は新型コロナワクチンも接種する傾向があることが指摘されている。

 

そこで、本稿では、まず、インフルエンザのワクチン接種と、新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種に関連があることを確認した。ワクチンによって感染症の予防を行おうとする意識は、人によって異なると考えられる。

 

次いで、3月上旬に国内で初めて報じられたアナフィラキシー事例が、ワクチン接種意向がある人にも影響を与えている可能性があることを確認した。アナフィラキシーを含めて副反応についての情報が増えている中で、予防効果を認識しつつも、アナフィラキシーを含めた副反応への不安から接種に踏み出せない人がいることを示唆していると考えられる。

1―はじめに

インフルエンザのワクチンを接種している人は新型コロナウイルス感染症のワクチン(以下、「新型コロナワクチン」とする)も接種する傾向があることが指摘されている

※ 和田耕治「ワクチン接種の推進に向けて現状を踏まえた戦略の提案」(2021年7月21日)日本医事新報社医療界を読み解く【識者の眼】

 

ワクチンによって感染症の予防を行おうとする意識は、人によって異なるからだと考えられる。新型コロナウイルスのワクチンについては、毎日のように、接種後の副反応やアナフィラキシーショックなどといった話題が報じられている。

 

こういったネガティブな情報については、ワクチンによって感染症の予防を行おうとする意識がある人であっても、不安を感じる可能性は高い。

 

そこで本稿では、まず、インフルエンザのワクチン接種と、新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種に関連があるかを確認する。

 

次いで、普段からインフルエンザのワクチンを接種している人を、ワクチンによって感染症の予防を行う意識が相対的に高い人と考え、3月上旬に国内で初めて報じられたアナフィラキシー事例が、これらのワクチンによって感染症の予防を行う意識が高い人の接種意向に影響を与えるかを検討した。

2―調査概要

本分析には、ニッセイ基礎研究所が毎年行っている独自のWEBアンケート調査のデータを用いた

※ 「2021年被用者の働き方と健康に関する調査」

 

このアンケート調査の回答は、全国の18~64歳の被用者(公務員もしくは会社に雇用されている人)の男女を対象に、全国6地区、性別、年齢階層別(10歳ごと)の分布を、2015年の国勢調査の分布に合わせて収集した。回答の回収期間は、2021年2月27日~2021年3月25日で、回答件数は5,808件である。

 

さらに、普段インフルエンザのワクチンを接種しているかどうかについては、2021年に行った調査の項目には含まれていないため、その調査項目が含まれている2020年に行ったWEBアンケート調査のデータを用いた

※ 「2020年被用者の働き方と健康に関する調査」

 

2020年に行ったWEBアンケート調査は、2021年の調査と同じ条件で実施し、回収件数は6,485件だった。そのうち、2021年と2020年の両方の調査を回答した人の数は4,451件である。

 

ニッセイ基礎研究所 保険研究部 准主任研究員

【職歴】
 2003年 ニッセイ基礎研究所入社

著者紹介

ニッセイ基礎研究所 保険研究部 准主任研究員

【職歴】
2010年 株式会社 三井住友銀行
2015年 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
2018年 ニッセイ基礎研究所
2021年7月より現職

【加入団体等】
日本経済学会、行動経済学会、人間の安全保障学会
博士(東京大学、国際貢献)

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ