(※写真はイメージです/PIXTA)

会社が潰れる本当の原因は、赤字や債務でなく「資金不足」です。言い換えれば、手持ちのお金があれば潰れる可能性はほとんどないということ。金額の目安は「固定費の6ヵ月分」ですが、どの企業も簡単に用意できるわけではないでしょう。コロナ危機を乗り越えるための「資金繰りのコツ」を解説します。

借金の「完済」は考えなくていい

「借金は返さないといけないから」

 

借金アレルギーを持つ経営者はそう思うはず。

 

でも、本当に借金は返さないといけない? それは、そのとおり。踏み倒すことはできない。でも、返せばいい。返し続ければいい。

 

ただ返し終える必要はない。返済さえ滞らなければずっと借りていられる。

 

一定期間返済し、手持ちの現金が固定費の6ヵ月分を切ってきたら、また借りてもいいし、借り換えてもいい。

 

つまり、借金は返さないといけないけど、完済なんて考えなくていい。

 

そもそも、経営は借金と付き合っていくもの。貸借対照表を見れば、それが分かる。

 

貸借対照表は、右側が負債と純資産、左側が資産を表している【図表】。

 

【図表】貸借対照表の例

 

負債の項目はどうなっているか。

 

流動負債は、買掛金、短期借入金、未払金などがある。これらはすべて借金。

 

短期借入金は借金そのものだし、未払金は誰かに払う予定のお金のことだから、現時点では、その誰かから借りていることになる。つまり、借金。

 

支払手形と買掛金も同様、取引先に払うお金であり、現時点では取引先から借金している状態。

 

科目は違ってもすべてどこからかの借金なのである。

 

買掛金をなくそう、すべて現金払いで仕入れようなんて考える経営者はいないはず。買掛金はOKで融資はダメというのは、理屈として成立しない。

 

重要なのは、借金を減らすことではなく、完済することでもない。借金という手段をうまく使って、現金を調達すること、減らさないこと。返すことより、借りることに目を向けること。

次ページ「無借金経営が安全」という危険な思い込み

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、菅原由一氏の著書『激レア 資金繰りテクニック50』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    激レア 資金繰りテクニック50

    激レア 資金繰りテクニック50

    菅原 由一

    幻冬舎メディアコンサルティング

    受講者数は延べ7000人! 資金繰り専門税理士のセミナー講義内容をついに書籍化。 会社の生存力を高めるには、負債がないことや黒字経営であることよりも、手元に資金がいくらあるかということが重要です。 たとえ黒字経…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ