(※写真はイメージです/PIXTA)

会社が潰れる本当の原因は、赤字や債務でなく「資金不足」です。言い換えれば、手持ちのお金があれば潰れる可能性はほとんどないということ。金額の目安は「固定費の6ヵ月分」ですが、どの企業も簡単に用意できるわけではないでしょう。コロナ危機を乗り越えるための「資金繰りのコツ」を解説します。

経営が順調なときこそ実は「借金するべき」

「固定費6ヵ月分は大金…」

「すぐに用意するのは難しい」

 

そう思う人もいるかもしれない。でも、用意しないといけない。なぜなら、そのお金が会社の未来を守ってくれるから。

 

理想は、利益をコツコツ貯めていくこと。ただ、時間はかかるよね。そこで考えたいのが融資。自分で稼いだお金でも、銀行などの金融機関から借りたお金でも、お金はお金。調達方法はたいして重要ではない。重要なのは、危機を乗り越えるための現金を持っているかどうか。

 

注意したいのは、銀行などの金融機関から借りるためには、「貸したい」「借りてほしい」と思われる会社でなければならないこと。銀行などの金融機関が貸したい会社とは、経営に問題がない会社。つまり、経営に問題がなく、順調なときに借りる。借りておく。これが大事。経営が苦しくなってから融資を申し込んでも、融資担当者はきっと嫌がるだろう。

 

ペヤングの場合もそう。お金がない状態でゴキブリ問題が発生していたら、そのタイミングで銀行に融資を申し込んだとしても断られていたかもしれない。だから、危機に陥る前に資金を作る。銀行などの金融機関の視点を持って「貸したい」と思う状態のときに借りておく。それが資金繰りのコツ!

次ページ借金の「完済」は考えなくていい

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、菅原由一氏の著書『激レア 資金繰りテクニック50』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    激レア 資金繰りテクニック50

    激レア 資金繰りテクニック50

    菅原 由一

    幻冬舎メディアコンサルティング

    受講者数は延べ7000人! 資金繰り専門税理士のセミナー講義内容をついに書籍化。 会社の生存力を高めるには、負債がないことや黒字経営であることよりも、手元に資金がいくらあるかということが重要です。 たとえ黒字経…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ