大手ハウスメーカー、工務店、リフォーム会社…業者タイプ別・外壁塗装依頼時の注意点

外壁塗装は、建築物の美観を保つばかりでなく、耐久性を維持するためにも不可欠な工事ですが、同時にトラブルが起きやすいことでも知られています。不動産オーナーとして納得できる費用と仕上がりを求めるのであれば、大手ハウスメーカー、工務店、リフォーム会社等、依頼先の業者それぞれの仕事のやり方を理解したうえで発注することが大切です。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

信頼できる業者を見極めるための「3つのポイント」

まず、外壁塗装を依頼する業者選びについて、3つの重要ポイントを見ていきましょう。

 

①きちんと相談できる相手か確認する

 

外壁塗装の仕上がりと依頼者であるお客さんの満足度は、業者選びでほとんど決まります。仕上がりについては、完成イメージをきちんと相談できるかどうかが大事です。

 

もちろん、職人の技術力も重要です。しかし、希望どおりの家に塗り替えるためには、ミスが少ない、仕事が速い、塗料の知識が豊富といったことだけでは不十分です。

 

まずは、お客さんがどんな家を望んでいるか理解する力が必要です。そのイメージを聞き出すためのコミュニケーション力も必要です。そのような下地があって、初めて職人の技術が生きるのです。

 

満足度は、不明な点や分からない点を丁寧に説明して、お客さんの不安を取り除いてくれること、色や塗料選びの過程で、良いことばかりではなくデメリットもきちんと教えてくれること、そしてなによりお客さんの期待値を超えることがポイントになるでしょう。

 

②価格より、まずは質を重視する

 

外壁塗装は100万円前後のお金がかかる高い買い物です。そのため、「できるだけ安く収めたい」という気持ちが働くのは当然のことでしょう。しかし、外壁塗装は「安かろう、悪かろう」がある工事です。高い塗料を選んでも、現場で薄めて使われたら意味がありません。明らかに安い工事には、安い理由があるのです。

 

不当に高い工事は論外ですが、安さ第一で選ぶことも失敗につながる要因になります。まずは質にこだわり、そのうえで価格について考えるという順番を踏まえるとよいでしょう。この順番を意識していれば、安さをエサにして契約を取る悪質な業者に引っ掛かる可能性も低くなるでしょう。

 

一定の質が見込める業者が複数ある場合は、相見積もりを取って価格を比較します。

 

ただ、その際にも注意点があります。

 

いくつかの見積書を並べると、どうしても「安いほうがいいかな」と考えてしまいます。そこで再び安さ第一の視点に戻ってしまうケースが多いため、どんな業者か、実績はどうか、保証はあるか、職人はどんな人たちか、といった視点も必ずもっておくようにしましょう。

 

③時間をかけてじっくり選ぶ

 

3つ目のポイントは、焦って契約しないことです。外壁塗装は急いでもいいことはありません。焦れば焦るほど「安いところでいいや」と考えてしまったり、契約を急がせる悪質な業者に騙される可能性が高くなります。

 

外壁塗装は、この先10年くらいの暮らしに影響します。どんな家にしたいか、どんなふうに暮らしたいかをじっくり考えることが大事ですし、業者選びに時間をかけるだけの価値は十分にあるはずです。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

業者に相談する前に、希望の工事内容を整理しておく

次に、業者のタイプを整理しておきましょう。

 

まずは外壁塗装の目的から見てみます。外壁塗装の依頼は、だいたい次の4つに分けられます。

 

◆外壁塗装をしたい

◆屋根塗装や屋根の修理工事をしたい

◆外壁と屋根を両方塗装したい

◆外壁と屋根塗装に加えてリフォームもしたい

 

外壁、または屋根のみの塗装であれば、いろいろな業者に相談してみることができます。

 

ただ、外壁と屋根を両方塗装する場合や、外壁、屋根、リフォームをすべて検討している場合は、業者によって一部分しか受け付けていないことがあります。外壁と屋根塗装はできるけれどリフォームは専門外、というようなケースです。

 

複数の工事を依頼する場合は、メインの工事を決めて業者を選定し、その業者に足場工事を任せましょう。もう一方の業者には、その足場を使って作業してもらうようにするのです。その際に、違う業者が組み立てた足場を嫌がる業者はいないと思います。

 

工事によって足場の高さなどが違う場合がありますが、足場の組み立てをお願いする業者に、ほかに希望する工事の内容を伝えておくことで、総合的に使える足場を組み立ててくれます。

 

業者に相談する前に、どんな工事をするのかあらかじめ整理しておくとよいでしょう。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

株式会社リペイント匠 代表取締役

1982年、三重県鈴鹿市生まれ。小学校4年生のときに両親が借金を原因に破産し、離婚。父と極貧生活の幼少期を送る。15歳から足場工事会社で働き始め、21歳で独立し久保組を立ち上げる。

3年後、法人化し足場工事以外にも塗装事業を開始。その後事業を行うなかで、元請け業者の利益よりも、一般のお客さまにより安く・良い仕事を提供したいと考え、2012年9月に株式会社久保組を売却。同年同月、一般戸建て住宅に特化した外壁塗装専門会社リペイント匠を設立する。

2013年6月には法人化し、社名を株式会社リペイント匠に改称。現在では年間400件以上の工事を請け負い、地元では有名な塗装会社として名を馳せる。

著者紹介

連載投資家、不動産オーナーのための失敗しない「外壁塗装」ノウハウ

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

久保 信也

幻冬舎MC

なんとなく後回しにしがちな外壁塗装。実際に、料金や工法もよく分からない戸建て住宅オーナーは多い。 しかし、外壁塗装の知識がないまま業者に依頼してしまうと、雨漏りや料金トラブルが発生してしまうこともしばしば………

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧