「外壁塗装をDIYしよう!」安易な発想がもたらす深刻なリスク

建物の外壁は定期的なケアが必要ですが、外壁工事の費用は高額であるため、自分でDIYをしてすませようと考えるオーナーもいるようです。しかし、費用対効果の面からも安全性の面からも、決してお勧めできません。本記事では、定期的な外壁塗装工事を行うための資金計画の提案のほか、工事の具体的な費用の内訳を専門家が解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

外壁塗装の資金計画…事前に確認すべき3つのポイント

外壁塗装の費用について、細かく確認しておきましょう。

 

外壁塗装の予算感は人それぞれです。

 

各家庭の家計事情が影響しますし、「細かくチェックしたい」と言う人がいれば「お任せ」と言う人もいます。

 

どんな仕上がりを求めるかによっても変わります。「必要最低限の塗り直しをしたい」と言う人もいれば、「デザインや機能にこだわった家に変えたい」と言う人もいます。

 

どちらが正解というわけではありません。

 

重要なのは、予算感に合った業者を選ぶこと。予算について事前にきちんと話し合っておくこと。そして、外壁塗装の費用をあらかじめ貯めておくことです。

 

外壁塗装の費用は一概にいくらとはいえませんが、予算の目安はだいたい80万円~100万円です。

 

当然、外壁のひびや雨漏りなどが見つかった場合は修理工事のお金がかかります。塗料も個々に値段が違いますので、高性能な塗料を使えばその分だけ総額も高くなります。

 

100万円はまとまった金額ですし、預金から出すにしても家計負担が大きいため、工事について考える際、業者選びやデザインを考えることなどと並行して、資金の準備も始めるのがよいでしょう。

 

例えば、10年に1度のペースで100万円の外壁塗装をするのであれば、月々1万円弱ずつ余裕をもって貯めていけば10年後に工事費用が準備できます。5年後に工事するなら月々2万円弱、3年後なら3万円弱ずつ貯めていく計算になります。

 

相談に来る人たちを見ていると、外壁塗装のためにコツコツ貯金している人は少数派です。急な雨漏りで修理費用が必要になり、家計の大きな負担になっているケースもありますし、資金不足が原因で工事を先送りする人もいます。

 

そのような状態を避けるために、資金計画は着々と進めていくことが大事です。

 

また、リフォーム資金を貯めている人もいますが、その多くは、トイレ、浴室、キッチンなどのリフォームを想定しています。

 

これらは毎日のように使いますし、リフォームしたときの様子も想像しやすいため、「いずれリフォームしよう」と考えて資金を貯める人が多いのです。

 

一方、外壁や屋根は普段の生活のなかであまり意識することがないため、資金準備が遅れがちになります。しかし、生活への影響で見るとどうでしょうか。少々古いキッチンを使う分にはそれほど支障はありません。

 

外壁塗装を放置すると雨漏りの原因になりますし、躯体が腐食すると家そのものが傷みます。そう考えると、外壁塗装の費用は、建物を守るという点でも生活を守るという点でも欠かすことができない費用といえるでしょう。

 

資金準備をしていない人は、さっそく検討してみてください。

 

トイレやキッチンなどのリフォーム資金を貯めている人は、優先順位や必要性を考えたうえで、その一部を外壁塗装に回すことを検討してみてください。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

材料費や人件費以外だけではない…外壁塗装の費用内訳

外壁塗装の費用の内訳は、大きく5つに分けられます。

 

①材料費

塗料、養生、コーキングなどの材料費です。使用する塗料や家の劣化具合によって変動します。工事費用の約20%~25%を占めます。

 

②足場代

足場を組むための費用です。外壁塗装の業者と足場を組む業者は別々であることが多いため、足場の業者に支払います。工事費用の約15%を占めます。

 

③人件費

業者に支払うお金です。職人の人数、工期などによって金額が変わります。また、元請けから下請け、孫請けへと仕事が流れるほど、各業者で中間マージンが発生するため、人件費が高くなります。工事費用の約40%を占めます。

 

④その他諸費用

刷毛(はけ)やローラーなどの消耗品や、工事の許可を取るための費用などが含まれます。工事費用の約10%を占めます。

 

⑤利益

業者の利益です。全体の費用のうち約10%が利益になります。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

株式会社リペイント匠 代表取締役

1982年、三重県鈴鹿市生まれ。小学校4年生のときに両親が借金を原因に破産し、離婚。父と極貧生活の幼少期を送る。15歳から足場工事会社で働き始め、21歳で独立し久保組を立ち上げる。

3年後、法人化し足場工事以外にも塗装事業を開始。その後事業を行うなかで、元請け業者の利益よりも、一般のお客さまにより安く・良い仕事を提供したいと考え、2012年9月に株式会社久保組を売却。同年同月、一般戸建て住宅に特化した外壁塗装専門会社リペイント匠を設立する。

2013年6月には法人化し、社名を株式会社リペイント匠に改称。現在では年間400件以上の工事を請け負い、地元では有名な塗装会社として名を馳せる。

著者紹介

連載投資家、不動産オーナーのための失敗しない「外壁塗装」ノウハウ

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

久保 信也

幻冬舎MC

なんとなく後回しにしがちな外壁塗装。実際に、料金や工法もよく分からない戸建て住宅オーナーは多い。 しかし、外壁塗装の知識がないまま業者に依頼してしまうと、雨漏りや料金トラブルが発生してしまうこともしばしば………

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧