コロナ禍「ワクチンの特許を放棄せよ」の声が引き起こす大問題

新型コロナウイルスの抑制を目指し、世界各国の製薬会社がワクチン開発を急ぎ、ワクチン接種も進んでいます。一方で、薬を開発する力のない途上国の人々を守るため、製薬会社に特許の放棄を迫る声も上がっています。しかし、一見人道的に見えるこの行為が、今後の薬の開発における重大なリスクとなることにお気づきでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

ワクチンの特許を放棄させるメリットは大きいが…

経済を理解するには、「温かい心」と「冷たい頭脳」が必要です。筆者も温かい心は人並みに持っていて、被災地への寄付等も行うわけですが、冷たい頭脳も鍛えています。本稿では、主に筆者の冷たい頭脳が活躍するのですが、読者におかれては筆者が冷たい人間だと思いませんよう、まずは前もってお伝えしておきたいと思います。

 

さて、「温かい心」で考えると、新型コロナのワクチンを開発した製薬会社に特許を放棄させることのメリットは大きなものがあります。特許が放棄されれば、世界中の製薬会社が自由にワクチンを作ることができるようになるからです。

 

そうなればワクチンが大量に生産され、しかも値段も下がるでしょうから、途上国の人々にもワクチンが行き渡るはずです。

 

いまは欧米先進国でワクチンの効果が出ていますが、それが途上国にまで一気に広がるとすれば、それは素晴らしいことです。ちなみに、日本についてはノーコメントです(泣)。

ワクチンの特許を放棄させるデメリットはもっと大きい

しかし「冷たい頭脳」で考えると、ワクチンの特許を放棄させることにはメリット以上のデメリットがあるので、冷たい頭脳は特許を放棄させることに反対するのです。

 

そもそもなぜ「特許」というものが存在しているのかを考えてみましょう。というよりも、特許がないとなにが困るのかを考えてみましょう。

 

製薬会社が新しいワクチンを開発するには、莫大なコストがかかります。せっかくコストをかけてワクチンを開発したのに、開発成功と同時にライバル各社が一斉に新しいワクチンを作りはじめてしまったら、開発した会社は悲しいでしょう。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

そして思うはずです。「次からは、自分でワクチンを開発するのはやめよう。誰かが開発するのを待って、それを生産すればいいのだから」と。もしも世界中の製薬会社が同じことを考えたら、次に感染症に襲われたときには、だれも新しいワクチンを開発しようと思わないかもしれません。

 

そうなれば、人類は素手で新しい感染症と闘わなくてはなりません。それは恐ろしいことです。

 

つまり、新型コロナのことだけを考えれば、温かい心がいうように特許を放棄させるのでもいいのでしょうが、長い目で見ると、それでは困ったことになってしまうので、放棄させるべきではないのです。

 

それによってワクチンの値段が下がらずに、途上国の人々がワクチンを打てなくても、それは仕方のないことなのだ、と冷たい頭脳は考えるわけです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!