東大・京大に合格させた母が「子をお風呂にいれなかった」ワケ

長男は東京大学に現役合格、次男は京都大学に現役合格、長女はロンドン大学UCLに現役合格……母学アカデミー代表の河村京子氏は書籍『東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる』(実務教育出版)のなかで「ご飯やお風呂よりも決まった時間に寝て、決まった時間に起きることの方が大切である」と説いています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「とにかく夜8時に寝る」お風呂なしでもOK?

子育て中の家庭の夕方は、目のまわるような忙しさです。習いごとや夕ご飯やお風呂が続きます。そして、歯磨きや絵本を読む時間も確保しなくてはなりません。

 

おまけに夕方ですから、子どももお母さんも疲れています。子どものぐずぐずにイライラし、「早く早く」とせかしてしまいます。

 

私も毎日戦争のような夕方を過ごしていました。毎日続く慌ただしさに、子育てを投げだしたくなったことも数しれず。

 

そんな日々のなかで、ふと気づいたことがあります。

 

「これだけのことをこの短時間ですべてやり終えるのは元々無理なのでは?」

 

よく考えたら、夕方6時半から8時までの間に、ご飯を食べてお風呂に入り、歯磨きをして絵本を読んで寝かせることは大人だってギリギリです。そこに兄弟ゲンカや新しい遊びが入ると、もう間に合うわけがありません。

 

【完璧をめざさないから東大・京大に受かる】

 

そこで、すべてを完璧に終わらせることは諦めました。

 

その代わりに優先順位をつけ、絶対にしなくてはならないことと省いてもいいことを決めました。

 

わが家の場合、夕方から就寝までの優先順位は、次のように決めました。

 

①夜8時に寝る

②歯磨きと絵本

③習いごと(ある日とない日がある、ある子とない子がいる)

④食事

⑤お風呂

 

小学生になると、これに「宿題」が入りました。

 

習いごとで遅くなった日は、優先順位の低いお風呂はなしになります。何かトラブルなどがあってお風呂を省いただけでは間に合わないときには、食事もなしでした。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

といっても、何も食べないとお腹がすいて寝られませんから、おにぎりだけは食べさせるようにしました。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

母学アカデミー学長

長男は東大、次男は京大に、長女はイギリスのロンドン大学UCLにそれぞれ現役合格。

結婚後、子どもを持つことに踏み出せない時期を過ごすが、一念発起し、国内外の育児書、教育書を2000冊以上読破。

自身の子育ての成功経験・失敗経験をもとに「母学アカデミー」を開校。

「子どもの能力を伸ばしたい」「頭のいい子に育てたい」と願うお母さんたちから圧倒的な支持を得、受講者数は3000人を超える。

著者紹介

連載東大・京大に現役合格した息子を持つ母の子育て法

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

河村 京子

実務教育出版

長男は、東京大学理科Ⅰ類に現役合格 次男は、京都大学理学部に現役合格 長女は、英国のロンドン大学UCLに現役合格 そんな河村家の「子育ての秘密」とは? 悪戦苦闘しながら3人の子どもを育てた河村さんは、こう語ります…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!