我が家のルール「3歳になったらトイレそうじ」が東大への道?

長男は東京大学に現役合格、次男は京都大学に現役合格、長女はロンドン大学UCLに現役合格……母学アカデミー代表の河村京子氏は書籍『東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる』(実務教育出版)のなかで我が家のルール「3歳からのトイレそうじ」が勉強の習慣につながったと説いています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

6歳までは親が一緒に、6歳からは自己責任

子育ての目標として「自立」をあげていらっしゃる親御さんは多いでしょう。もちろん、私もそのひとりです。それでは、「自立」とは何でしょうか? わが家では、おばあちゃんの家に泊まりに行くとき、3歳からは自分で準備をさせていました。

 

「おばあちゃんの家お泊まりセット」と書いた紙に、シャツやパンツの絵を必要枚数分書いて、それを見ながら準備をさせました。もちろん子どもですから、時間がかかったり、忘れたりします。そのフォローはさりげなくしていました。

 

そして、小学生になってからは、すべて自分の責任で学校の用意も勉強道具の補充もさせていました。小学生では、キャンプに行ったり、イベントに参加することもたくさんありましたが、私が持ち物を用意したことも、チェックしたこともありません。

 

もし忘れ物をしたら、それは自己責任です。ただし、参加費や書類など忘れると他の方に迷惑がかかるものは、事前に申告をさせて用意していました。そんな生活を続けると、「自分のことは自分でする。忘れたら自己責任」という習慣が身につきます。わが子たちは、大学入試の書類提出も、入学後のひとり暮らしの用意も、留学の準備もすべて自分ひとりでやり切りました。

 

だから私は、わが子たちがどんなものを持って大学や留学に行ったのかまったく知りません(笑)。

あえて突きはなすことが自立への道に

子どもを「自立した大人」に育てるためには、いつから「自立教育」をすればいいのでしょうか。

 

赤ちゃんに「自立しなさい!」と言っても無理があります。でも私は、わが子が赤ちゃんのときでさえ、「自立」を意識していました。たとえば、まだハイハイもできない頃でも、子どもの手が届かない場所にあるお人形やガラガラを取ってあげることは極力しないように気をつけていました。

 

自分の見えるところにおもちゃがあるのに、手が届かない場合、子どもは何とかして手にしようとするものです。手を思いっきり伸ばしたり、体をよじったりしておもちゃに近づこうとします。それでもダメだと悟ったときに、泣いて助けを求めるのです。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

母学アカデミー学長

長男は東大、次男は京大に、長女はイギリスのロンドン大学UCLにそれぞれ現役合格。

結婚後、子どもを持つことに踏み出せない時期を過ごすが、一念発起し、国内外の育児書、教育書を2000冊以上読破。

自身の子育ての成功経験・失敗経験をもとに「母学アカデミー」を開校。

「子どもの能力を伸ばしたい」「頭のいい子に育てたい」と願うお母さんたちから圧倒的な支持を得、受講者数は3000人を超える。

著者紹介

連載東大・京大に現役合格した息子を持つ母の子育て法

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

河村 京子

実務教育出版

長男は、東京大学理科Ⅰ類に現役合格 次男は、京都大学理学部に現役合格 長女は、英国のロンドン大学UCLに現役合格 そんな河村家の「子育ての秘密」とは? 悪戦苦闘しながら3人の子どもを育てた河村さんは、こう語ります…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!