「フィリピン株式市場」コロナ禍回復の遅れが好機となるか?

先進国を中心に株式市場は活況を満ちているなか、注目を集めているフィリピン株式。現地で日々フィリピン経済を調査している一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が先週の株式市場を振り返り、今後の見通しについて解説していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

3月22週のフィリピン株式市場の振り返り

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

先週の3月25日(木) 、フィリピン株総合指数(PSEi)は前日比+50.66 (+0.79%)の6,497.01で終了した。セクター別騰落は以下の通りだった(関連記事:『国債格付A-を獲得!なぜ世界は「フィリピン」に注目するのか?』)。

 

出所:一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング提供
出所:一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング提供

 

PSEiは、フィリピン中央銀行(BSP)ミーティングを前に上昇し、当初は50pt以上下落したが、終盤には反転した。ブルームバーグが調査した16人のエコノミスト全員が、政策金利を2%に据え置くと予想している。

 

外国人投資家は25日ぶりに3億7,200万ペソの買い越しとなったが、大量取引を除くと、4億6,000万ペソの売り越しとなっており、依然として売りが続いている。

 

一方で、3月25日(木)に上場したフィリピン第2号リートDDMPR(PhP2.25)は、大変人気を集め、総取引高の25%を占めた。

 

またBSPは、インフレ率が2021年下期に正常化するとみている。

長引くコロナ禍…フィリピン株式は仕込みの絶好機

フィリピン経済について、主なトピックスを振り返ってみよう。

 

・政府は再び夜間外出禁止令を発し、局地的なロックダウンを再開した。

・海外で働くフィリピン人(OFW)からの国内への送金額は2ヵ月連続で減少。

・フィリピン企業の総収入は、2020年の第4四半期は20.4%減少し、同時期の建設着工件数も、コロナによる軟調な経済が継続していることから減少した。

 

基本的には、未だコロナの影響が大きく残るフィリピン経済の本格回復には、もう少し時間がかかりそうで、その分全体的に株価は割安の仕込み時が継続しそうだ。

 

※画像はイメージです/PIXTA
※画像はイメージです/PIXTA

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、!一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!