フィリピン株式市場「外国人売り」底つくも「割安状態」続く

先進国を中心に株式市場は活況を満ちているなか、注目を集めているフィリピン株式。現地で日々フィリピン経済を調査している一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が先週の株式市場を振り返り、今後の見通しについて解説していきます。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

3月29週のフィリピン株式市場の振り返り

【LIVE配信決定!WEBでも参加できる!】
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術~日本人向け永住ビザ最新情報!!

3月31日のフィリピン株総合指数(PSEi)は、前日比-62.23(-0.94%)の6,545.55となった。セクター別騰落率は以下の通り。

 

出所:一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング提供
出所:一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング提供

 

4月1日時点のコロナ感染者が10,016件と過去最高を記録したことからマーケットは下落した。現在、市場はレンジ内で推移しており、当面の抵抗線は6,600~6,700、支持線は6,500~6,400となっている。過去のバリュエーションよりもかなり割安になっている財閥株などのブルーチップ銘柄もかなりあり、仕込みどきといえる。

 

ウイルス感染者の増加を受けて、世界銀行がフィリピンの2021年GDP増加見通しを5.9%から5.5%に引き下げた。一方、フィリピン国家経済開発庁(NEDA)は今年のGDP成長率目標を6.5%に据え置いた。

 

フィリピン中央銀行(BSP)は、金融緩和を終了するには時期尚早と判断し、政策金利を2%に据え置き、今年のインフレターゲットは、通年の平均4%から修正され、4.2%とした。

 

また2月の失業率は8.8%で、マニラ首都圏および近郊の州で前月1月の8.7%よりも若干上昇した。この結果、420万人のフィリピン人が失業していることになる。失業率の高さは、経済全体の約70%を占める民間消費にとって、引き続き懸念材料となる。しかし、一部の小売企業は、パンデミックのなかでも、消費者が必需品に集中することから、「PGOLD」「RRHI」「MRSGI」などの企業は回復力がある。

大統領の盟友…成長見込める通信分野への投資を強化

企業のニュースでは、「ダブルドラゴンリート(DDMPR)」が先週上場した。3月23日、2021年第一号IPOとして上場をした「ダブルドラゴンリート」だが、初値で2.25ペソを付けてからは一度も上昇することなく下落し、現在2.15ペソで推移している。「ダブルドラゴンリート」の組み入れている資産の多くは、マニラ市のベイエリアに位置するオフィスが多い。今後、BPO産業の需要拡大や鉄道路線の開通などの好材料があり、資産価値上昇が期待でき、中長期的には楽観的な予測をされている。

 

また、ダバオ出身でドテルテ大統領の盟友と言われている「ウデナグループ」を牽引するDennis Uy氏が「PNX(石油販売)」の株式を売却し、事業のリストラを進めている。「チャイナテレコム」と協業で参入した通信事業「DITOテレコム」への資本投下を強化していくと見られている。

 

今後長期的に大きな成長が見込まれているフィリピンの通信セクターは、「NTT」と提携する「PLDT」、「シンガポールテレコム」と提携する「アヤラグループ」の「グローブテレコム」が既存の2大勢力で、ここに第三勢力として「DITOテレコム」が参入するという構図になっている。さらに昨年IPOした「コンバージ」がブロードバンド回線事業に特化した事業展開をしている。

 

一方、「PNX」自体は市場シェアを伸ばしている。すでに「Chevron」と「Caltex」を追い越そうとしているので、リテール分野では「Petron」、さらには「Shell」に次ぐ確固たる第3位の地位を築く準備ができていて、世界的な原油価格の変動にもかかわらず、堅調な利益を計上している。

 

 

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在ハロハロホームにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧