いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

なぜスプーンは赤色?高齢者に視覚で訴える効果が絶大な理由

ある日突然、老親が緊急搬送で入院という事態が起こります。介護は毎日のことなので、使命感だけでは長続きはしません。10年以上、仕事をしながら父母の遠距離介護を続けてきた在宅介護のエキスパートは、「介護する人が幸せでなければ、介護される人も幸せにはならない」と訴えます。入院や介護に備え、知っておきたい制度やお金の話から、役立つ情報、具体的なケア方法までを明らかにします。本連載は渋澤和世著『親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…』(プレジデント社)から抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

食事はどんぶりで多くの食材を一度にとる

私の母は要介護度により食器を替えています。要介護1はセパレート、要介護3でワンプレート、要介護5はどんぶりです。そして、要介護5で飲み込みが悪く、むせやすくなってからは、味噌汁用のサイズのお椀を複数個利用しています。

 

箸を使用できた要介護1は、ご飯、主菜、副菜、汁物は家族と同じものを取り分けていました。要介護3になり食べこぼしや、これが食べたいという意思表示がなくなったのでワンプレートに取り分けました。要介護5で全介助になってからは、まだ、飲み込みが順調なときはどんぶりにすべてのせることを徹底しました。ハンバーグもどんぶりにのせてロコモコ風です。

 

飲み込みが悪く、食事介助も時間がかかるようになったとき、味噌汁サイズのお椀を複数準備しました。食形状もなめらかな状態のため、どんぶりだと混ざり合ってしまいますし食べる量も少なくなるため、違う食べ物を口に運んで食欲をそそった方が良いからです。

 

介助スプーンは高齢者には薄い色が見えにくくなるため、赤系の識別しやすい色がいいという。(※写真はイメージです/PIXTA)
介助スプーンは高齢者には薄い色が見えにくくなるため、赤系の識別しやすい色がいいという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

認知症は色々なものが出てきても、どうやって食べたら良いのか理解ができず同じものを食べ続けることがあります。その傾向が出てきたら沢山のお皿よりもカレーライス、丼物、おにぎりが食べやすくなります。パンも良いのですが、のどに詰まりやすく、むせたからと水を飲ませると膨らむので注意してください。

 

食事介助は時間がとてもかかりますが1時間が限界です。必要以上に介助者が負担になることは避けましょう。盛り付けよりも食べることが最重要です。作る、食べさせる、洗い物が楽ならそれで良いのです。食べたものはおなかに入れば栄養は一緒と割り切りましょう。

 

カップは同じものをふたつ準備する

 

上口部と底部が同じ大きさの長方形のカップより、上口部が広く底部が狭い台形のカップが本人も介助者も使いやすいと思います。台形なので口に入るタイミングの確認がしやすいのです。このサイズは、お茶やジュースのほか、スープ類にも使えるのでふたつ同じものを揃えることをお薦めします。

 

水分管理をする場合、カップのどこまでが100㏄、150㏄、200㏄なのか、一度計量カップを使って確認しておくと良いでしょう。カップに絵を描けるペンが販売されているので内部に印をつけておくのも一案です。

 

介助の際、スプーンで口に運ぶのは、固形物だけにしています。液体は全てカップからです。口に入れるまで固形か液体かわからないのは不安です。固形は口を大きく開ける、液体は唇をすぼめてすする。この動作は全く違うのです。介護が始まったら、多くの種類よりも固定の食器を多用途に使用しましょう。

 

食事介助用品のポイントは赤系色であること

 

誤嚥性肺炎で入院した人は、絶食期間もあり食べることを忘れかけることもあります。そんなときでもお椀を渡すとスイッチが入り自分で食べはじめることがあります。この動作には食器の色が影響しています。

 

実は、色がはっきりした中面が赤いうつわの方が目に入るので手が出やすいといわれているのです。介助スプーンも高齢者は薄い色が見えにくくなるため、赤系の識別しやすい色で、かつ口当たりが優しくて歯にも優しいシリコーン素材のスプーンが適しています。普通の金属スプーンの場合、咬んでいるときに無理に抜こうとしたり、歯にカチカチとあてすぎると、歯に影響が出て抜けやすくなってしまいます。口を開いてくれないときは、下唇にスプーンの腹をあてると食事と認識して開口しやすくなります。

「在宅介護エキスパート協会」代表

1964 年、静岡市生まれ、川崎市育ち。NEC 関連会社(現職)でフルタイム勤務の中、10 年以上に渡り遠距離・在宅介護を担う。両親の介護をきっかけに社会福祉士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなど福祉に直接的・間接的に関係する資格を取得。その経験や知識を多くの方に役立てていただけるよう「在宅介護エキスパート協会」を設立、代表を務める。
2人の子どもに恵まれるも、両親が同時期に脳血管障害、認知症、骨折、肺炎で入退院を繰り返す。長年にわたり仕事、子育て、介護(遠距離介護4年・在宅介護8年)の「トリプルワーク」を経験。仕事をしながらの育児、介護にストレスが極限にまで達し、介護疲れを起こす。書籍や情報サイトなどを頼るも、「介護の常識」は、仕事や育児との両立をしている人にとっては、全てこなすことなど到底できない理想論であることを痛感する。その後、「自分でもできる介護」を自力で確立することを決意。アイデア発想講師としての知識を生かし、それまでの「完璧な介護」から「自滅せず親も家族も幸せになる介護」へと発想の視点を変え、現代人のための介護思考法を独自に研究する。

著者紹介

連載親の入院、介護ですぐやること、考えること、お金のこと

親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…

親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…

渋澤 和世

プレジデント社

高齢化が進む日本では現在、介護ストレスによる介護疲れが大きな問題だ。そこで本書では、仕事や育児との両立を前提に、「完璧な介護」ではなく「頑張りすぎない介護」を提案する。 正社員としてフルタイムで働きながら、10年…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧