なぜポケットにティッシュ?…洗濯でイラつく母の長年の習慣

ある日突然、老親が緊急搬送で入院という事態が起こります。介護は毎日のことなので、使命感だけでは長続きはしません。10年以上、仕事をしながら父母の遠距離介護を続けてきた在宅介護のエキスパートは、「介護する人が幸せでなければ、介護される人も幸せにはならない」と訴えます。入院や介護に備え、知っておきたい制度やお金の話から、役立つ情報、具体的なケア方法までを明らかにします。本連載は渋澤和世著『親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…』(プレジデント社)から抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

実子が親の介護をするなら、私しかいない

同居介護 父…要支援2 母…要介護1

 

父は、夜中に連れてきて翌朝、病院を受診し入院。そのまま帰らぬ人になった。

 

元気だった父が先に逝くとは考えてもいなかった。父が入院をしていたとき、母はひとりでお見舞いに出かけてしまった。中学生の息子は認知症のことを理解しておらず母が外出するのを見送っていた。徒歩5分で病院には着くものの病室が理解できずウロウロしていた。父の名前は言えたので毎回、病室まで連れていってもらったという。その話を後に受付の人から聞いた。

 

だが、病院までは踏切も信号も渡るので、今となっては何もなくて良かったというしかない。きちんと家族に母のことを説明しなかった自分が悪いのだ。本当に運良く家に戻れたり、私が見つけたりして家に連れ戻すことができたが、見つからなかったら行方不明になってしまう。徘徊は行くあてが本人にはあり、わからないから進むうちに余計わからなくなってしまうのだろう。

 

洗濯ものを畳むのが母親の仕事になったという。(※写真はイメージです/PIXTA)
洗濯ものを畳むのが母親の仕事になったという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

父が亡くなる3日前から、私は母とともに病院の個室に寝泊まりしていた。個室に移るというのは死期が近いということ。職場には理由を話し有給休暇をとっていた。母は、病室が家だと勘違いをしていた。どこでも自分の家と思えるのはすごいし、幸せかもしれない。病室に入ってくる看護師さんに「いらっしゃい」などと対応をしている。

 

ただ、混乱はしている。父の死期が近づいていることは理解していない。この頃、家では私のことをまだわかっていた。「かずちゃん」と呼んでくれていた。ところが病院では「よしこちゃん」と、いとこの名前で呼ばれた。入院したとき「母を残して先に逝けないね」と聞いたら「そうだな、逝けないな」と話していた父。

 

母はよしこちゃんを繰り返す。よしこちゃんじゃないから! そのやりとりを見ていた父がお迎え間際というのに困った表情を見せた。心拍停止の直前「おばあちゃんのことは任せて。私が面倒を見るから」。その瞬間、ものすごい力で手を握り返してきた。同時に父は旅立った。頼んだぞという意味か。この出来事が母と在宅で一緒に暮らすという選択のきっかけになった。

 

私は兄を10年以上前に亡くしている。完全にひとりっ子だ。兄には嫁や子どもがいたが、母のことで迷惑はかけられない。なにより義姉には子どもたちを守ってほしかったからだ。それに今は嫁が介護をする時代ではない。実子がする時代だ。義姉も自分の親を娘として支えていた。男、女ではない、実子が親の介護をするのだ、私しかいない。

 

【オンライン(LIVE配信)】10/16(土)開催
安易な先延ばしは厳禁!工事費大幅増の危険も
マンション大規模修繕「信頼できる施工会社」の選び方 
詳しくはこちら>>>

「在宅介護エキスパート協会」代表

1964 年、静岡市生まれ、川崎市育ち。NEC 関連会社(現職)でフルタイム勤務の中、10 年以上に渡り遠距離・在宅介護を担う。両親の介護をきっかけに社会福祉士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなど福祉に直接的・間接的に関係する資格を取得。その経験や知識を多くの方に役立てていただけるよう「在宅介護エキスパート協会」を設立、代表を務める。
2人の子どもに恵まれるも、両親が同時期に脳血管障害、認知症、骨折、肺炎で入退院を繰り返す。長年にわたり仕事、子育て、介護(遠距離介護4年・在宅介護8年)の「トリプルワーク」を経験。仕事をしながらの育児、介護にストレスが極限にまで達し、介護疲れを起こす。書籍や情報サイトなどを頼るも、「介護の常識」は、仕事や育児との両立をしている人にとっては、全てこなすことなど到底できない理想論であることを痛感する。その後、「自分でもできる介護」を自力で確立することを決意。アイデア発想講師としての知識を生かし、それまでの「完璧な介護」から「自滅せず親も家族も幸せになる介護」へと発想の視点を変え、現代人のための介護思考法を独自に研究する。

著者紹介

連載親の入院、介護ですぐやること、考えること、お金のこと

親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…

親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…

渋澤 和世

プレジデント社

高齢化が進む日本では現在、介護ストレスによる介護疲れが大きな問題だ。そこで本書では、仕事や育児との両立を前提に、「完璧な介護」ではなく「頑張りすぎない介護」を提案する。 正社員としてフルタイムで働きながら、10年…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧