思わず「このばばぁ」と認知症母の頬を叩いた…壮絶介護現場

ある日突然、老親が緊急搬送で入院という事態が起こります。介護は毎日のことなので、使命感だけでは長続きはしません。10年以上、仕事をしながら父母の遠距離介護を続けてきた在宅介護のエキスパートは、「介護する人が幸せでなければ、介護される人も幸せにはならない」と訴えます。入院や介護に備え、知っておきたい制度やお金の話から、役立つ情報、具体的なケア方法までを明らかにします。本連載は渋澤和世著『親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…』(プレジデント社)から抜粋し、再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

要介護3認知症母を旅行に連れて行った

同居介護 母…要介護3

 

母が要介護3だった頃の悩みに弄便行為がある。これは、オムツ中の大便を手で触ること。触った手で他の衣類を触るし、時々、襖に便をこすり付けることもあった。舐めないことが不幸中の幸いだった。だが爪の中に入るのが不衛生なのでいつも短くしていた。

 

大便の介助でおしりを拭いているときに限り、わざわざ手で陰部を隠すように触りにくるのにも苛立った。手を胸にあてておいてと頼んでも当然、その通りにはしてくれない。介護者としては悩ましいが、人前で陰部をさらけ出し平然としている方が異常だ。隠しにくるのは当然なのだ。ただ軟便のときなどは本当につらかった。

 

この時期から、手洗いのほかに、丸石製薬のウェルピュア、健栄製薬の手ピカジェルなどゼリー状の殺菌剤を使用することにした。これらは病院や大型施設ホールなどに置いてあることが多い。病院に置いてある製品やメーカーは信頼できると思う。食事前後、帰宅時、感染症予防、うまく手が洗えないときなどにとても重宝する。

 

認知症の母親の介護では、事件を起こしてはいけないと考えていたという。(※写真はイメージです/PIXTA)
認知症の母親の介護では、事件を起こしてはいけないと考えていたという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

要介護3になった年の2012年5月。認知症の母を旅行に連れて行こうと思い立った。歩ける間に旅行をと思ったこと、家族とも少し距離をとりたい、自分も母を理由に海外旅行をしたかったからだ。外国船で税金やその他で10万くらいだった。徘徊しても所詮は船の中、そんな都合の良いことを考えていた。横浜を出発し、プサン、済州島、鹿児島のクルージングだ。船を選んだのは荷物が宅配便で送れること、乗船と下船が家から近いこと。

 

もちろん、船の中で過ごすことが多いがイベントが沢山ある。フォーマルディナーではドレスアップも楽しめる。観光は全てオプショナルツアーを申し込んだのは母の世話に労力を使いたかったからだ。船中はショッピングもできタイムセールでは母も自分の時計を選んでいた。980円くらいの安物だが選ぶというのは楽しい。

 

母とともに美容室も予約した。太平洋の水平線を見ながら親子でシャンプーカットとブロー。なんという贅沢な時間だろう。担当美容師が日本人なので母も安心していたようだ。鹿児島では指宿で砂風呂も経験した。要介護3で認知症でも自立歩行ができればシャワーも使えて清拭も問題はない。トイレも頻繁に誘導すれば大きな問題は起こらない。このときに行ってよかった。

 

認知症というのは都合の良い病気だ。私は父と兄を亡くしているが、母はあまりそのことを思い出さなくなった。特に兄を若くして亡くしたときの落胆はすさまじかった。そのつらい出来事を思い出さなくてすむのなら、その方が良いに決まっている。

 

この頃も、母の心の中にはいつも兄がいて、「まーちゃん」と声を出して呼んでいる。半面、ものすごく悪口に敏感だ。この頃、食欲旺盛な母は甘いデザートも大好きで体重は増加気味。「おばあちゃん、重いな、太っているよね」と家族で話していると「誰が太っているって」と怒っている。悪口で脳を活性化できるのかもしれないねと笑い話になった。

「在宅介護エキスパート協会」代表

1964 年、静岡市生まれ、川崎市育ち。NEC 関連会社(現職)でフルタイム勤務の中、10 年以上に渡り遠距離・在宅介護を担う。両親の介護をきっかけに社会福祉士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーなど福祉に直接的・間接的に関係する資格を取得。その経験や知識を多くの方に役立てていただけるよう「在宅介護エキスパート協会」を設立、代表を務める。
2人の子どもに恵まれるも、両親が同時期に脳血管障害、認知症、骨折、肺炎で入退院を繰り返す。長年にわたり仕事、子育て、介護(遠距離介護4年・在宅介護8年)の「トリプルワーク」を経験。仕事をしながらの育児、介護にストレスが極限にまで達し、介護疲れを起こす。書籍や情報サイトなどを頼るも、「介護の常識」は、仕事や育児との両立をしている人にとっては、全てこなすことなど到底できない理想論であることを痛感する。その後、「自分でもできる介護」を自力で確立することを決意。アイデア発想講師としての知識を生かし、それまでの「完璧な介護」から「自滅せず親も家族も幸せになる介護」へと発想の視点を変え、現代人のための介護思考法を独自に研究する。

著者紹介

連載親の入院、介護ですぐやること、考えること、お金のこと

親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…

親が倒れたら、まず読む本 入院・介護・認知症…

渋澤 和世

プレジデント社

高齢化が進む日本では現在、介護ストレスによる介護疲れが大きな問題だ。そこで本書では、仕事や育児との両立を前提に、「完璧な介護」ではなく「頑張りすぎない介護」を提案する。 正社員としてフルタイムで働きながら、10年…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧