東日本大震災から10年…福島県の医療従事者として見た復興

2011年の東日本大震災から10年間。3月頃は、多くの人が当時を振り返る時期だろう。筆者は現在、福島県いわき市で医療従事者として働いている。はじめて福島県を訪れたのは震災から数年後だが、それでも震災の影響や変化を感じる機会が多々あるという。医療従事者の立場から、被災後のこと、今思うこと、今後のことを語る。

【無料】メルマガ登録はコチラ

10年前当時、ニュースで知った東日本大震災の光景に…

東日本大震災から10年になります。筆者が福島に来たのは5年前で、この土地で実際に震災を経験したわけではありませんが、この5年間でも、震災の影響やその後の移り変わりを多く実感しました。

 

※「医師×お金」の総特集。【GGO For Doctor】はコチラ

 

震災当時、筆者は大学1年生でした。大学の剣道部に所属しており、震災当日は春合宿のため静岡県の下田を訪れていました。震災の時間帯はちょうど稽古中で、自分たちが激しく動いていたこともあり、地震の揺れを感じることはありませんでした。

 

稽古中に「師範の到着が遅れる。交通機関が乱れているそうだ」という話がありましたが、まさか大事になっているとは思いもよりませんでした。ただ「そうなのか」という程度で、そのまま稽古を続けていたと記憶しています。

 

稽古後に地震や津波の映像を目にしても、あまりに現実離れしていて、当時の状況をうまく飲み込むことができませんでした。

震災から数年後、現地を訪れてようやく実感

筆者が初めて福島県を訪れたのは、それから4年が経った2015年3月のことです。最初は福島市に、そしてすぐ、いわき市に訪れることになりました。地域の方々と交流して初めて、東日本大震災は本当に、現実のものとしてこの地を襲ったのだと理解したように思います。

 

2016年4月には、いわき市に移住し社会人となりました。きっかけは学生時代、現在筆者が所属しているグループが運営する幼稚園・小学生向けの放課後児童クラブに、学生ながら縁あって「先生」として遊びに来たことでした。

 

今となっても、まさかこの地でこうして医療関係の職に就いているとは…と不思議な心地になります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

復興が進むなか原発周辺地域は荒廃化

こちらに来てからは年に何度か、原発周辺地域を訪れることがあります。初めは「連れて行ってもらう側」でしたが、現在は「案内側」となっています。医学生や研修医が筆者のいる病院を訪れた際には、できる限り同行するようにしています。

 

富岡町、大熊町、双葉町、浪江町と車で回り、また、津波の影響を受けたいわき市の沿岸部も案内します。これらの地域には、被災時から変わらない場所もありますが、少しずつ景色が変わってきています。

 

ところが、原発周辺地域は違います。手付かずの家屋が残り、国道からの入り口にバリケードが立ち並ぶ光景は今でも変わっていません。ホームセンターや家電量販店もそのまま残っています。

 

震災から数年のうちは、無残な姿でも、廃墟として形を保っていました。しかし、ここ2年くらいで、天井が崩れてきている様子が急に目につくようになり、また、駐車場に生い茂った植物が、取り残された車を飲み込むようになりました。

 

長い年月が過ぎようとしていること、風化しつつあることを実感します。撤去作業は着々と進んでいるので、やがて、こういった光景もなくなっていくのでしょう。

施設内に広がる「3月11日14時46分」の空間

2011年3月当時、筆者の所属するグループは、富岡町でも施設1箇所を運営していました。そこは人工透析を行っていたクリニックです。避難からほとんど手付かずの状態で、2019年に解体がスタートするまでずっと被災当時の姿でした。

 

筆者は実際に何度も出入りしました。玄関には、3月11日付の色褪せた新聞や、床の上で2時46分を指し続ける時計が転がっています。震災当時の様子が、ただ静まり返った空間に取り残されていました。

 

地震が発生した時間帯には、多くの患者さんが透析を受けていました。緊急で透析を離脱した跡が残っています。初めて見たときは衝撃を受けました。透析装置から出た血液が床で広がり、固まって粉状になっていたのです。

 

以前は定期的に訪れていましたが、だんだんと雨漏りが酷くなり、次第にカビ臭さもキツくなっていき、解体工事に入る頃には天井が剥がれ落ちて、足の踏み場もないほど散らかってしまいました。

「綺麗すぎる街並み」が物語る東日本大震災の歴史

原発周辺地域だけでなく、いわき市内の津波を受けた沿岸部なども同じ有様でしたが、今ではすっかり綺麗に整備されてきています。

 

以前は車で通り過ぎるたびに重苦しさを強く感じましたが、今はなんというか、奇妙な感じがあります。通常、街には古いものから新しいものまでがグラデーションになって立ち並ぶはずですが、そこでは綺麗なものしか目に入らないからです。

 

しかし、こうした綺麗すぎる街並みこそ、震災の影響を強く物語る光景なのでしょう。

 

3月は、いろいろな人から様々な思いが滲み出る時期のように感じます。先日大きな地震があったこともあってか、当時の話を改めてよく耳にします。

 

そういった経験を聞き、実際にその場所を訪れることができる機会に感謝して、次の10年に向け、少しでも地域の力になることができればと思っています。

 

【記事をもっと読む】

 

杉山 宗志

ときわ会グループ

 

 

↓コチラも読まれています 

年収1600万円の医師…結局5分の1が「税金」に消えている衝撃

 

医師ほど収入減の時代…「開業して年収1億円以上」の現実味

 

年収1000万円の独身医師が「不動産に1億円」突っ込んだら…

 

2年で資産10億円…年収1500万円勤務医の「ストイック生活」

 

【医師限定】勤務医のための「はじめての不動産投資」

ときわ会グループ 

静岡県伊豆出身。静岡県立韮山高等学校、東京大学工学部建築学科卒業、同大学院工学系研究科建築学専攻修士課程終了。東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。東京大学在学中は運動会剣道部に所属。現在は福島県いわき市を中心に医療、介護、教育を軸に事業展開する『ときわ会』にて勤務。

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状~GGO For Doctor

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧