ホットドッグ1個で「健康寿命が36分間縮む」…米国の「食生活が健康・環境に与える影響」の研究結果【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

アメリカの研究チームにより、食生活を少し変えるだけで、健康寿命が伸び、環境に優しい生活につながるということが明らかになりました。各食品が、私たちの健康や環境にどれほど負担をかけるのか。初めて具体的に数値化されたデータを見ていきましょう。アメリカ在住の大西睦子医師が解説します。

【関連記事】新型コロナの重症化リスクにも影響…「1日10分の運動」が健康長寿に繋がる【医師が解説】

食生活が健康・環境に影響することは知られているが…

■「食生活の小さな変化で、健康や環境に大きな利益」。米国での研究結果

米ミシガン大学の研究者らによる2021年8月の「ネイチャー・フード(Nature Food)」の報告によると、ホットドッグを食べると36分間の健康寿命を失い、代わりにナッツを1食分30g食べると26分間の健康寿命が得られるとのこと(※1)

 

論文の著者である同大学環境健康科学科オリビエ・ジョリエット博士とカテリーナ・スティリアヌ博士は、非営利メディア「ザ・カンバセーション(The Conversation)」に次のように述べます(※2)

 

「米国では、高級レストランからファストフードのチェーン店まで、ベジタリアンやヴィーガンのメニューがありふれています。そして多くの人が、自分の食べ物の選択が、自らの健康や地球の環境に影響することを知っています。ただし、スーパーでミックスベジタブルを買ったり、スポーツバーでチキンウィングを注文するという個々の選択が、個人の健康や環境にどれだけ影響するのか、日常生活ではなかなか分かりません。私たちはこのギャップを埋めるために、研究を進めています。最終的に知りたかったのは、私たち一人ひとりの健康を増進し、環境への影響を減らすために、食生活を抜本的に変える必要があるのかということ、そして、人類の健康と地球のために意味のある変化をもたらすには、みんながヴィーガンになる必要があるのでしょうか? ということです」

 

これまで、個々の食品の健康や環境に与える影響を、直接比較する方法はありませんでした。そこで博士らは、さまざまな食品を選択した場合の健康への負担を初めて具体的に数字で示しました。すると食生活を少し見直すだけで、より長生きし、より環境に優しい生活につながることが明らかになったのです。

 

※1 https://www.nature.com/articles/s43016-021-00343-4?fbclid=IwAR2C6paRI772PhlHrIyKYlnBM2S9LLsHfFz86AuVkeNqTr-NC6zCEfPP79k

 

※2 https://theconversation.com/individual-dietary-choices-can-add-or-take-away-minutes-hours-and-years-of-life-166022

 

■各分野の専門家が集結し、研究チームを結成

この学際的な研究のために、食のサステイナビリティ(持続可能性)、環境衛生、栄養の専門家がチームを組みました。ジョリエット博士は、ライフスタイルメディアの「マインドボディグリーン(MBG)」に「このコラボレーションはユニークであり、時宜を得たものでした」と語ります(※3)

 

数十年間にわたり環境ライフサイクル分析(食品のライフサイクルに与える累積的な影響の研究)に携わってきたジョリエット博士は、「栄養は常に見落としてきた要因の一つ」と指摘します。「ライフサイクルアセスメントでは、原材料の抽出、製造、サプライチェーン、そして使用や廃棄…ライフサイクルのすべての段階を見ます。通常、ライフサイクルアセスメントを行う人は、人間の健康への影響(これは大きな影響です)を考慮しません」「率直に言って、最初からそうしなかったのは愚かでした。食品の栄養価は、その食品が地球にとってどれだけ健康的であるかを左右するものだからです」と語ります。

 

一方、栄養士もこれまで同じように縦割りでやってきたので、より全体的なデータベース、つまり個々の食品が、健康と環境に与える影響を測定するデータベースを作ることは、どちらの専門家にとっても新鮮な挑戦だったそうです。

 

※3 https://www.mindbodygreen.com/articles/health-and-environmental-impact-of-individual-dishes-study

星槎グループ医療・教育未来創生研究所 ボストン支部 研究員 内科医師、医学博士

米国ボストン在住。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年から13年まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員。

【主な著書】
『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)
『「カロリーゼロ」はかえって太る!』(講談社+α新書)
『健康でいたければ「それ」は食べるな』(朝日新聞出版)

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状~GGO For Doctor

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ