「人生の最期は自宅で…」末期がん患者に願いに、医師の回答は

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、人生の最終段階に対する意識調査から、「終末期医療に対する医師の考え方」に焦点をあてていきます。

【無料】メルマガ登録はコチラ

人生の最期を自宅で迎える人は2割未満

世界でも長寿大国のひとつに数えられる日本。厚生労働省の『簡易生命表(令和元年)』によると、2019年の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳。前年比男性は0.16年、女性は0.13年、寿命が延びました。

 

ただ長生きすればいいというわけではありません。少し前のデータになりますが、2016年、厚生労働省の発表では、日本人の健康寿命(日常的・継続的に医療や介護に依存して生きる期間を除いたもの)は、男性が72.14年、女性が74.79年。男性は9年、女性に13年も日常的に医療や介護に依存する計算です。

 

健康で長生きしたい…(※画像はイメージです/PIXTA)
健康で長生きしたい…(※画像はイメージです/PIXTA)

 

幸せな老後を考えた場合、できるだけ健康寿命と寿命の差異は短いほうがいいでしょう。また穏やかに逝きたいと願い、慣れ親しんだ自宅で最期を迎えられたら……そう願うでしょう。

 

しかし厚生労働省の『人口動態』(2017年)によると、死亡者134万397人に対し、「病院」で亡くなったのが97万8260人、「介護医療院・介護老人保健施設」が3万3105人、「老人ホーム」が9万9910人。それに対し「自宅」が17万7473人で、全体の18%強。このデータは、突然死や孤独死も含みますから、多くが“幸せな最期”をイメージするようなシーンはかなり少ない、というのが現実です。

「人生の最期」に対して医師は…

厚生労働省による『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、一般の人のほか、医師・看護師、介護職員に、“人生の最期”に対する現時点での考え方を聞いています。そのなかから、人生の最終段階の医療について、医師の考え方と実際について見ていきます。

 

【『人生の最終段階における医療に関する意識調査』調査対象「医師」の属性】

「男性」56.1%
「55~59歳」23.1%、「50~54歳」15.5%、「60~64歳」15.1%

■実務経験
「31~35年」21.8%、「26~30年」15.3%、「21~25年」14.5%

■専門領域(医師、複数回答)
「内科」49.0%、「外科」16.0%、「精神科」7.2%

■勤務施設
「病院」62.8%、「診療所」32.7%

■信頼できるかかりつけ医
「いる」38.5%

■最近5年間の身近な人の死の経験(複数回答)
「経験なし」50.5%、「病院で経験」34.7%、「在宅で経験」7.2%、「施設で経験」7.2%、「在宅で経験」

■大切な人の死に対する心残り
「ない」55.0%

■死に近い患者との関わり
「1ヵ月に1名以上」38.8%、「半年に1名以上」22.3%

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧