多くの老人ホームで「質の悪い介護職員」が急増しているワケ

もし親を老人ホームに入居させるとして、まず第一歩として何を理解しておけばいいのでしょうか。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が、親を老人ホームに入れようと思った時に「知っておきたい選び方、探し方」を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『親を老人ホームに入れようと思った時に読む本』(海竜社)から一部を抜粋、編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

需要と供給のバランスで事業者数を調整

老人ホームは公共工事と同じ?

 

老人ホームの急増を語る上で、きわめて重要な役割をはたしているのが介護保険制度であることは言うまでもありません。私は、この介護保険制度は以前から建設業界にあった公共工事という概念に似ていると考えています。

 

「老人ホーム」は社会資源であると言われています。道路や橋やトンネルも社会資源です。道路や橋がなぜ社会資源として必要なのでしょうか。第一義的な理由は、それがあると便利な社会になるからです。

 

新しい橋やトンネルができたおかげで、今まで1時間かかっていた学校までの所要時間が15分で行けるようになったなどという話は、昔はたくさんありました。しかし、厳密な費用対効果、つまり工事費用と、恩恵を受ける人の数と効果を考えた場合、必ずしもその投資に意味があったかどうかは定かではありません。

 

しかし、橋や道路やトンネルを国は造り続けてきました。その理由は第二義的な理由があったからだと私は考えています。それは、建設会社や土木会社が一定数存在し続けていなければならない、という事情です。

 

造った橋はいずれ修理や交換をしなければなりません。さらに、自然災害の多いわが国では定期的に土木工事や建設工事をしなければならない事態に陥ります。そして何より、そのときのために知識や技術を身に付けた職人がいなければ工事をすること自体できません。さらに言うと、職人を一定数養成していく上では一定の仕事量がなければ不可能です。だから、公共工事という名の仕事を国が用意していたのでしょう。

 

老人ホームも同じです。今後、一定数の老人ホームは、社会を運営していくにあたりどうしても必要になります。しかし、収益をある程度保証しなければ老人ホーム事業に参入する企業は増えていきません。そこで、介護保険制度を作り、事業者に対し一定の介護報酬を与え、事業の継続を可能にしたのだと思います。つまり、建設会社や土木会社と介護保険事業者、老人ホーム事業者はある意味まったく同じスキームで社会に存在していると私は考えています。

 

当然、今後、需要と供給のバランスで事業者数を調整する必要が出てくると思いますが、その場合は、介護保険報酬を上げたり下げたりしながら、事業者数を調整すれば解決します。

 

老人ホームは社会資源である。だから老人ホームに当たり前のように入居者が入居していく時代になっていくのです。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載親を老人ホームに入れようと思った時に「知っておきたい選び方、探し方」

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

小嶋 勝利

海竜社

老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧