認知症の父、つきまとう訪問販売員…資産は民事信託で守れるか

高齢の父親の家を訪ねると、いつも複数の人たちと談笑中。これまでになかった光景に疑問を感じて調べたところ、訪問販売の品々が…。ついには不動産業者と自宅売却の相談まではじめ、慌てた息子は民事信託を検討します。しかし、認知症の兆候が見られる父親にはあまり時間がありません。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

厳格だった父が「やけにフレンドリー」になってきて…

今回の相談者は、50代会社員の八木さんです。八木さんには80代の父親がいますが、認知症の兆候が出てきており、日常生活や日常会話には問題ないと思われるものの、片っ端から訪問販売の商品を購入してしまうなど、行動に不安があるといいます。相続の問題以前に、民事信託を組むべきかどうか相談に乗ってほしいとのことでした。

 

 

近年では、民事信託についてもテレビなどのマスコミで取り上げられる機会が増えたせいか、「うちも民事信託をしたほうがいいでしょうか?」といって相談に来られる方が多くなっています。

 

八木さんの父親は若いころから非常に厳格だったそうで、八木さんと兄は、ずいぶん厳しく躾けられたといいます。しかし、そんな父親が80歳に差し掛かってから次第に人柄が変わり、ずいぶんと愛想よく、人当たりも柔らかくなってきました。たまに実家を訪ねると、たいてい人を招いて楽しそうに話をしており、八木さんも最初は、ご近所の知り合いか友人かと思ったそうです。

 

しかし、よくよく会話を聞いてみると、招き入れているのは友人ではなく、訪問販売の営業担当ばかりです。実家には定期的に配達されるさまざまな健康食品をはじめ、羽毛布団や電気を当てて体のコリを取る健康器具など、かなり値の張る商品が増えていきました。

 

商品の購入をやめるよう父親を注意すると「わかった、わかった」と口ではいうものの、改める様子はありません。業を煮やした八木さんが健康食品等の定期購入を解約しても、また別のコースの配達がはじまるなど、いたちごっこです。

 

そんな父親にすっかり弱り果てていたのですが、つい先日、父親の様子を見るために実家を訪ねたところ、なんと不動産会社の営業マンと、楽しそうに自宅の売却話をしているではありませんか。八木さんは慌てて営業マンを追い出しましたが、そのことがあってから、父親が自分たちの知らないところで不動産を売却してしまうのではないかと不安でたまりません。父親の行動に歯止めをかけ、子どもたちの不安が解消できるなら、さっさと信託を設定したいと思っている、ということでした。

 

●父親の家族構成と財産の詳細


被相続人(予定):父親(配偶者は故人)
相続人(予定) :長男(50代会社員、既婚)
         次男(50代会社員、既婚)

自宅土地・家屋:3,500万円
貸アパート  :2,700万円
現預金    :5,100万円
有価証券   :2,100万円
合計金額   :1億3,400万円

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧