民泊、ホステルは死亡宣告、宴会需要、リゾート復活は本当か

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

注目すべきは人々の不動産に対する価値観の変化

ポスト・コロナの不動産は大きな転換点にある

 

コロナ禍を契機に、「仕事」が変わり、仕事が変わることで必然的に「会社」が変わる。会社が変わるということはその結果として「消える」ビジネスと「伸びる」ビジネスが明らかになる。これまで会社に縛りつけられてきた多くの勤労者たちにとって、可処分時間が増加し、そのことに伴ってライフスタイルが変化する。ライフスタイルが変わって、自分たちが住む街で一日の多くの時間を過ごすようになると、人々が街に求めるものが変わる。その結果として「街」が変わる。そういったことをお話ししてきました。

 

それでは、こうした大変革をもたらすこととなる、ポスト・コロナの時代に私たちを取り巻く「不動産」はどう変わっていくのでしょうか。

 

コロナ禍で最も深刻な影響を被ったのがホテルや旅館、民泊といった宿泊業界。(※写真はイメージです/PIXTA)
コロナ禍で最も深刻な影響を被ったのがホテルや旅館、民泊といった宿泊業界。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

私自身、不動産事業プロデューサーとしてこれまで数多くの不動産ビジネスを手掛けてまいりました。また多くのクライアントのみなさまにご納得いただけるように、さまざまな角度からのアドバイスを行なってまいりました。いわば、日々実業という意味から生身の不動産に常に接してきた私から見て、ポスト・コロナの不動産は大きな転換点にあるという予感がします。

 

おそらくあと数年もして、今の状況を振り返るのならば、「ああ、あのときが転機だったのだな」とか「あのときもっと気づいていたなら」と思うのかもしれませんが、時代の転機というものはそんなものかもしれません。つまり、誰しもが変わったな、と気づくときは、すでに時代は「変わって」しまっているのです。

 

ポスト・コロナにおける不動産の行く末を展望してみることにします。

 

私はこれまでも、一般論として地価が上がるとか、マンション相場が暴落するなどという予想屋をやることを良しとしてきませんでした。投資はあくまでもプロの世界ですから、彼らにとって価格が上がるとか下がるというのは重要な指標と言えますが、一般の方々にとっては、あくまでも結果論にすぎないと考えてきたからです。

 

注目するのは人々の不動産に対する価値観の変化です。そしてポスト・コロナにおいては、これまでも申し上げているように、価値観の相当な変化が起こりそうであることです。不動産の用途別にポスト・コロナ時代を展望していきましょう。

 

ホテル・旅館は生き残ることができるか

 

今回のコロナ禍で最も深刻な影響を被ったのがホテルや旅館といった宿泊業界、と言われています。

 

実際に影響はかなり深刻で、観光庁が発表する宿泊旅行統計調査によれば、20年4月の宿泊施設の平均稼働率は16.6%という惨憺たる成績に終わりました。前年同月が64.7%ですから、落ち込みがいかに深刻であったかがわかります。

オラガ総研 株式会社 代表取締役

1959年、アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒。ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。2006年、J-REIT(不動産投資信託)の日本コマーシャル投資法人を上場。現在は、オラガ総研株式会社代表取締役としてホテルや不動産のアドバイザリーのほか、市場調査や講演活動を展開。主な著書に『空き家問題』『民泊ビジネス』『業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊』など多数。

著者紹介

連載不動産の動きを観察すれば、日本経済がわかる

不動産で知る日本のこれから

不動産で知る日本のこれから

牧野 知弘

祥伝社新書

極地的な上昇を示す地域がある一方で、地方の地価は下がり続けている。高倍率で瞬時に売れるマンションがある一方で、金を出さねば売れない物件もある。いったい日本はどうなっているのか。 「不動産のプロ」であり、多くの…

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

牧野 知弘

祥伝社新書

不動産が高騰し続けている。 銀座の地価は1980年代のバブル期を上回り、三大都市圏と「札仙広福」(札幌・仙台・広島・福岡)の上昇が著しい。国内外の投資マネーの流入、外国人富裕層の購入を背景に、超大型ビルや再開発の計画…

不動産激変 コロナが変えた日本社会

不動産激変 コロナが変えた日本社会

牧野 知弘

祥伝社新書

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は大激変している。「不動産のプロ」であり、長く現場の動向を観察してきた著者は、そう断言する。いったい、何が変わるのか?たとえば、従来社員一人当たり三坪で計算されて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧