「もう、頭が壊れちゃったのね」実の娘が絶望した…老母の一言

どうやって老人ホームを選んだらいいのか? それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者は断言します。そこで著者は、数々の入居者のエピソードを通して、ホームでの暮らしの悲喜こもごもを紹介。現在、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者が、実は知らない老人ホームの真実を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『老人ホーム リアルな暮らし』(祥伝社新書)の抜粋原稿です。

【オンライン開催(LIVE配信)】
~日本一富裕層に詳しい税理士が語る~
裕福に暮らすための節税・相続対策・投資テクニック

箱入り娘として育った女性入居者のある行動

■エピソード1
人形を自分の子供だと信じている認知症患者

 

Aさんは85歳の女性です。認知症を発症し、2年前から老人ホームに入居しています。Aさんは、ある特殊な行動以外は、まったく正常な自立の高齢者に見えるので、初対面の人からは「どのような事情で老人ホームに入居しているのだろうか」と勘繰ぐられてしまいます。かくいう私も、ある特殊行動を目撃するまでは、まったくAさんは心身ともに自立した“感じの良い上品なおばあちゃん”という認識を持っていました。

 

人形を自分の子どもと思い込んでいる上品な女性入居者がいた。(※写真はイメージです/PIXTA)
上品な女性入居者は人形を自分の子どもと思い込んでいた。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

彼女の居室を訪問すると、それはそれはいつもきれいに整理整頓されています。ベッドには、一目で一流ブランドだとわかるベッドカバーが掛けられ、皺ひとつありません。フローリングの床には、見るからに高額なペルシャじゅうたんが敷かれ、来客用の木製の椅子と小さなテーブルが置いてあります。窓に掛かるカーテンも某有名ブランドのレース製です。居室の正面には、彼女が好きだという東山魁夷の、もちろん本物が掛けられています。

 

毎週訪問される娘さんの話によると、Aさんは、良家のご令嬢として生まれ、箱入り娘として大切に育てられたそうです。もともと几帳面な性格でもあり、幼少の頃からお手伝いさんがいる環境で育ったせいか、着るもの、食べものをはじめ、生活の細部に、こだわりと一定の秩序を要していると言います。

 

ある日のことです。居室の前を通りかかった私は、Aさんから呼び止められ居室の中に入ると、リクエストがありました。「眩しいから窓のカーテンを閉めてくださる?」と。彼女は居室の隅で片づけものをしている最中です。もちろん、窓から直接光は届いていません。するとまたリクエストがありました。「ベッドで寝ている子供が眩しがるので、お手数ですがカーテンを早く閉めてください」と。よく見ると、ベッドカバーの上に一体の人形が置いてあり、その人形の顔に光が直接当たっています。私がカーテンを閉めると安心したように、その人形を抱き上げ、「私の子供、かわいいでしょ」と言って私に人形の顔を見てほしいと促します。

 

私は、先輩職員にこの一連の出来事を報告したところ、先輩から解説を受けました。

 

「Aさんは、その人形を自分の子供だと思いこんでいます。朝昼晩と食事も与え、気が向くと洗面所で体を洗っています。毎回、毎回、食べ物を人形の口に押しつけるので、人形の口の周りは汚れ、衛生を保つことができません。娘さんと協議の結果、介護職員が隙を見て、人形の口の周りを洗うようにしているので、口の周りのフエルトの色だけが白くなってしまいました。もし、あなたがAさんから『人形を取ってほしい』というリクエストを受けたら、絶対に人形としてではなく、人間の赤ちゃんとして取り扱わなくてはダメです。以前に、人形を取ってほしいというリクエストを受けて、職員が人形を片手で持って手渡したところ『私の大事な子供を乱暴に扱うな』と言って、普段はきわめて大人しく穏やかなAさんが、鬼のような形相に変わり、烈火のごとく怒り狂ったという記録が残っています」と。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載実は知らない老人ホームの真実

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧