「心を病んだ長男と妻は、俺が守る」夫が書いた遺言書の中身

先妻の娘たちを育て、長男も生んでくれた後妻。しかし、夫親族との折り合いは最悪で、家族関係には問題が山積しています。ストレスから心を病んでしまった後妻と長男の生活を、夫として、父親として守る方法はあるのでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

複雑な家族関係の影響か、心に問題を抱える長男

今回の相談者は、60代のY田さんです。Y田さんは先妻との間に2人の娘を授かりましたが、先妻とは若くして死別。その後、現在の妻と再婚して長男が誕生しました。

 

 

後妻は自分の子どもだけでなく、まだ幼かった先妻の子も育てなければならず、ずいぶんと苦労をしてきました。そのうえ、近くに住むY田さんの母親や姉が頻繁に訪れては、わが物顔で振る舞っていたため、後妻と後妻の長男は、自分たちが住む家でありながら、ずっと肩身の狭い思いをしてきました。

 

Y田さんの話によると、Y田さんの母親と姉は、後妻のことが気に入らず、先妻の子どもたちと対立させるようなことを吹き込むなど、家族関係を悪くするようなふるまいをしてきたということです。

 

また、Y田さんは商社マンとして働いており多忙で、しばしば出張で家を空けていたため、後妻は守ってくれる人がなく、とても苦しんでいたといいます。

 

後妻の長男が高校を卒業したころ、Y田さんの母親が亡くなり、その数年後、先妻の長女と次女が相次いで結婚し、家を離れていきました。Y田さんはようやく後妻と長男の3人の静かな生活をスタートさせましたが、これまでの複雑な家族関係が影響したのか、後妻の長男は次第に家に引きこもるようになり、せっかく入社した会社も退職してしまいました。やがて鬱病と診断され、30代の現在も社会と関わりを持てないでいます。

 

●相続人関係図

遺言作成者:Y田M晴さん・70代
推定相続人:後妻、後妻の長男、先妻の長女、次女

 

あああ
長男はいまだ社会と接点をもてず…(※写真はイメージです/PIXTA)

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧