日参するサブリース会社「アパート建てよう?」に高齢婦人激怒

3姉妹を嫁がせ、夫との思い出の家で悠々自適の老後を送っていた女性ですが、広い敷地が不動産会社の注目を集め、アパート建設を勧める会社が日参。なかには設計図や事業計画書を用意するところまで…。一体どうすればいいのでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

老後生活を送る婦人のもと、サブリース会社が日参

今回の相談者は、70代の女性、S藤さんです。長年専業主婦をしており、夫との間に授かった3人の娘たちは、20年近く前に全員嫁がせています。末娘が家を出てからは夫婦だけで暮らしていましたが、一昨年、長年連れ添った夫が逝去。以後、現在までひとり人暮らしをしています。

 

 

自宅は地方都市のローカル線の駅から徒歩3分程度で、土地も300坪ほどとかなりゆったりしています。土地と建物は夫が亡くなったときにS藤さんの名義にしています。自宅の土地の半分は空き地になっていて、現在は貸し駐車場です。駅近の駐車場は人気が高く、S藤さんのよい収入源になっています。

 

ところが夫を亡くして以降、広い敷地にゆったりと暮らすS藤さんの生活に注目した不動産会社から、営業マンが日参するようになりました。

 

「広い土地には高額な相続税がかかること、ご存じですか?」

「駐車場の土地を有効利用してアパートを建てたら、相続税の節税対策になりますよ」

「このままでは、奥さんに何かあったとき、お嬢さんたちの負担になりますよ」

「お嬢さんたち、親が迷惑をかけたら、嫁ぎ先でさぞ肩身が狭くなるでしょうねぇ…」

「見識のある親が財産を増やして残すケースはいくらでもあるのですがね…」

 

複数の会社がしつこく訪問を繰り返し、S藤さんは家でくつろぐこともできません。おしまいには、頭がどうにかなりそうでした。

 

ある日、いちばん規模の大きい不動産会社の営業マンが、複数の部下たちを引き連れてやってきました。あたかも契約が成立したかのような口ぶりで、図面や事業計画書を持ち込み、リビングに居座るという暴挙に出たのです。

 

あああ
複数の部下たちを引き連れて…(※写真はイメージです/PIXTA)

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧