日本の部屋がカビやダニだらけになってしまった「本当の理由」

日本人は「家」に殺される!? 本記事は、健康住宅について衝撃の真実を暴いた杉山義博氏の著書『“健康住宅”のウソ・ホント』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

ハウスメーカーや工務店の「健康住宅」に騙されるな!

近年、多くの工務店やハウスメーカーが「健康住宅」を売りに住宅を販売するようにな
りました。

 

健康住宅というと、以前は木材や漆喰(しっくい)などの自然素材を使った家というイメージがありましたが、最近では多くの場合「高気密・高断熱住宅」を意味しています。

 

高気密・高断熱住宅とは、すき間風が入ってこない高い気密性と、断熱材や特殊な工法による高い断熱性能によって、室温が屋外の影響を受けないようにつくられた家のことで
す。

 

高気密・高断熱住宅は、夏は涼しく、冬は暖かく快適で、省エネルギー効果があって耐久性にも優れています。日本においては、もともと寒さに厳しい北海道から広まった家づくりの方法で、たとえ外がマイナス10°C以下の極寒でも、快適な室温を保つことができます。

 

ハウスメーカーや工務店は、「暑さや寒さを感じず、一年を通じて快適です」「冬、朝起きるのがつらくなくなります」「ハウスダストやヒートショックに悩まされず、家族みんなが健康的に過ごすことができます」「断熱性能が高いので光熱費が下がり、お財布にもやさしい住宅です」などと、高気密・高断熱住宅のメリットをさかんに押し出しています。

 

もちろんこれらは、高気密・高断熱住宅ならではのすばらしいポイントです。

 

しかし、残念ながら日本の高気密・高断熱住宅の歴史はまだ浅く、基準を満たしていないニセモノも数多く存在します。

 

肝心のハウスメーカーや工務店も、とにかく売ってしまえばいいという意識が先立つばかりに、自社の住まいの特徴すら分かっていないまま適当な営業トークをする悪質な社員がいるところも決して少なくありません。

 

家を買おうとする人々にとっては、目の前の高気密・高断熱住宅がニセモノか本物かを判別するのは至難の業です。住まいのプロがいうのだからちゃんとしているんだろうと、すすめられるがままに購入してしまうケースも多々あります。

丸七ホーム株式会社 代表取締役

1949年、岐阜県加茂郡白川町生まれ、名城大学法学部卒業。1977年、丸七建設株式会社に入社。1986年、ドイツ教会の新築工事を請け負ったことがきっかけで訪独し、ドイツ建築の高気密・高断熱住宅の優れた機能性に強い衝撃を受ける。以降、何度もドイツを訪れながらドイツ住宅建築の技術習得・研究に尽力する。1988年、社名丸七ホーム株式会社に変更。1997年、代表取締役に就任。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

“健康住宅"のウソ・ホント

“健康住宅"のウソ・ホント

杉山 義博

幻冬舎メディアコンサルティング

ハウスダストによるアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、ヒートショックによる心筋梗塞や脳梗塞など、住まいが私たちに与える健康被害が大きな問題となっている。住宅メーカーは競って「健康住宅」を称して家づくりを提案をし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧