抜群の住環境の「大井町」飲ん兵衛だから享受できる魅力とは?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身の会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京浜東北線の「大井町」駅。

メディアで紹介され人気上昇…駅東口に残る横丁

「大井町」駅は東京都品川区にある、JR京浜東北・根岸線、東急電鉄大井町線、東京臨海高速鉄道りんかい線の3線が接続するターミナル駅です。JRの乗車数は1日10万人程度、大井町線の乗降車数は14万人、りんかい線4万5,000人ほど。

 

駅があるのは品川区大井ですが、品川区にはそのほか、北を除いた、東大井、西大井があります。地名の由来は諸説ありますが、その1つが、字義の通り、井戸に関連するのでは、という説。由来となった井戸は、品川区大井の光福寺のものだといわれています。

 

大井町は品川区の中核とされ、大井町線沿いを歩いていくと品川区役所があります。そのすぐ横には、劇団四季専用劇場「キャッツ・シアター」と、サーフィンやパデルなど8種類のスポーツが体験できるエンターテイメント施設「スポル品川大井町」があります。残念ながら、「大井町駅周辺地区まちづくり構想」による大井町再開発により、2021年でのクローズが発表されていますが、また新しい街が誕生すると期待されています。

 

大井町一帯は、鉄道の開通により発展してきましたが、太平洋戦争の空襲によって焼け野原に。戦後は駅周辺に闇市が広がりましたが、再整備することで発展してきました。駅ビルには「アトレ大井町」、駅東口には「西友 大井町店」、西口には「阪急大井町ガーデン」「イトーヨーカドー 大井町店」があります。また駅を中心に「大井町銀座商店街」「大井すずらん通り商店街」「大井東口商店街」「大井サンピア商店街」など個性豊かな9つもの商店街が広がり、常ににぎわいをみせています。

 

品川区の行政、商業の中心である大井町ですが、一方で魅力となっているのが、闇市の名残がいまなお残っている、駅東口の「東小路飲食店街」と「平和小路」です。街ブラのテレビ番組で何度も取り上げられたり、人気ドラマ『孤独のグルメ Season3』の最終回で取り上げられたりと、大井町で一番ホットなエリアです。立ち飲み系から、昔ながらの街の食堂、激安の寿司店など、小さな個店が無数にひしめきあっています。以前はいわゆる“おやじ”が集うエリアでしたが、メディアでの露出が高まるにつれて、最近は女性の1人飲み客もちらほら。素朴な雰囲気はそのままに、おしゃれなワインバーやビストロも増え、選択肢がさらに広がっています。

 

いまや遠方からも訪れる人も
いまや遠方からも訪れる人も

 

そんな「大井町」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は8.78万円、11分を超えると7.9万円という水準です(図表1)。品川区全体の家賃水準は、駅10分圏内で8.76万円、11分を超えると8.04万円。ほぼ区の平均値のエリアだといえます。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(4月22日時点) ※単位は万円
[図表1]「大井町」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(4月22日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

会社員の適正家賃から考えると、30代会社員なら十分に居住を検討できますが、20代会社員には少々厳しい家賃市水準です。しかし、新幹線駅もある「品川」駅から1駅という立地を考えると、十分にリーズナブな家賃水準といえるのでしょう。また大手ポータルサイトで検索すると、適正家賃内の物件は豊富にラインナップ。築10年、専有面積は30m²程度の1Kといった、築年数が浅いうえにゆとりもある、働き盛りの会社員でも満足のできる物件を見つけることができます。

都内主要エリアにリーチ。生活利便性も抜群に良い

交通の利便性を見てみましょう。「大井町」駅から「品川」駅へは、JR利用で3分、「東京」へは17分。また「大崎」からJRに乗り入れるりんかい線利用で「渋谷」10分、「新宿」15分と、山手線の西エリアにもダイレクトにアクセスできます。また平日通勤時間帯には、JRは2〜3分おきに、りんかい線は5〜6分間隔で電車が来るので、電車待ちのイライラはありません。ただし京浜東北線の通勤時間帯の混雑率は190%程度。かなりの圧迫感です。混雑を避けたければ、時差出勤が必須のエリアです。

 

また大井町線を利用すれば「自由が丘」や「二子玉川」、りんかい線を利用すればお台場方面と、東京の西部や湾岸地域の人気エリアにも乗り換えなしでアクセスできるのも大きなポイントです。

 

次に生活利便性を見ていきましょう。前出の通り、「西友」や「イトーヨーカドー」「阪急大井町ガーデン」といった、大型スーパーや商業施設が駅に隣接して立地。日常品はすべて駅まで買い揃えることができます。駅ビルの「アトレ大井町」は「ユニクロ」や「無印商品」など生活回りショップを押さえているほか、「成城石井」や「カルディ」といった、ちょっといいものも手に入るショップも。また駅東口には「ヤマダ電機 LABI品川大井町店」もあるので、家電製品も大井町で揃えることができます。

 

また大井町は飲食店も豊富にラインナップ。気軽に入れる大手チェーン店はもちろんですが、この街の魅力はなんといっても個性的豊かな個店にあります。いまや有名店になっている焼き鳥屋や居酒屋はもちろんのこと、選択肢は豊富。お気に入りの1軒を見つけるのが、この街の醍醐味です。

 

大井町は駅前に大型商業施設や飲食店が集中し、日常品やある程度の買い回り品は駅前で揃えることができます。また東京のあらゆるエリアにダイレクトにリーチでき、通勤はもちろん、レジャーにも便利です。ひとつ欠点をあげれば、JR京浜東北線の混雑具合でしょう。駅周辺は少々ごちゃごちゃした印象ですが、そこを抜ければすぐに閑静な住宅街が広がります。街のにぎわいから居住エリアが近いのも大井町の魅力です。飲食店の集中するエリアを避ければ、治安も良好。居住エリアの選択肢は広い街です。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧