▲トップへ戻る
ベトナム人が注目する不動産プロジェクト「VINCITY」の概要

前回は、現地人の目線から「ベトナム不動産投資」のポイントを探りました。今回は、ベトナム人が注目する不動産プロジェクト、VINHOMES開発の「VINCITY」の概要を紹介します。

中心地から外れるが、住宅地として最も注目される地域

現在、ホーチミン市でベトナム人が注視しているプロジェクトが、2018年10月発売予定の、VINHOMESが開発する「VINCITY」です。場所はホーチミン市9区で、1区の中心地から東に30分程度の距離にあります。中心地からは外れますが、隣接する2区を含め、今後住宅地として最も注目される地域になっています。

 

ここでVINCITYプロジェクトの概要を説明しましょう。

 

開発会社:VINHOMES(ベトナムNo.1開発会社)

建築会社:Contecons(ベトナムNo.1ゼネコン)

開発総面積:365ha、4区分で分類

販売種類:コンドミニアム71棟(22階~25階)/ショップハウス(テナント)/タウンハウス(隣接)/Villa(別荘)

販売数:4万8200戸

竣工時期~引渡開始時期:2018年下半期~2021年下半期随時引渡開始(全ての戸数引渡まで7年)

販売単価:2500万VND~(約12.5万円~)/㎡(税、修繕費別)

施設:国際病院/国際学校/大学/商業施設(VINCOM CENTERショッピングセンター)/各種ショップ/レストラン/コンビニ、運動施設/プール/公園

 

まず注目すべきは、365haという開発総面積です。実に東京ドームの約77個分に該当します。そして、4万8200戸というコンドミニアム・戸建の販売供給数。家族の多いベトナム人を想定して世帯あたり平均4名で計算すると約19万人となり、新たな巨大都市が誕生します。

 

中心地から離れているため、販売単価は2400万VND(約12.5万円)/平米(税、修繕費別)となり、ホーチミン市中心地近郊の販売単価の約4分の1から5分の1に程度です。

VINA COMPASS Co., Ltd. General Director

沖縄県宮古島生まれ。久留米工業大学を卒業後、トヨタグループ系列の株式会社アイチコーポレーション入社。特殊車両メーカーの営業部門で16年勤務。
2004年、商談で訪れたベトナムホーチミンに魅了され、独立起業、単身にて渡越。 2006年、取引先の製薬会社と合弁で排水処理会社を設立。
国営事業であるホーチミン市病院排水処理事業の入札業者として認証を受け、在籍中235ヶ所の病院排水処理を手掛ける。
2012年、合弁会社の株を売却。新たに浄排水処理会社としてSHINY VIETNAM社、不動産・建築会社としてSHINY REAL社を設立。
現地企業やベトナム政府事業の実績を活かし、越人コミュニティに入り、浄排水処理事業を手掛ける傍ら、日系大手への環境コンサル支援や、現地最大手の不動産デベロッパー、VINHOMESの日系唯一の販売代理店としてCentral Parkプロジェクトの販売を手掛けた。
2018年、SHINY社、合弁解消後、新たに独資でVINA COMPASS社を設立。不動産販売仲介、賃貸仲介、管理運営、内装工事、進出支援コンサル業を手掛ける。特に進出時の事業許可、会社設立時のリスクヘッジ関連を得意としている。

VINA COMPASS社ウェブサイト:http://www.vinacompass.com/

著者紹介

連載ASEAN諸国で最も熱いベトナム――現地から探る不動産投資と事業の可能性

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧