▲トップへ戻る
20代の医師による「ワンルームマンション投資」の成功事例

前回は、優良な投資物件入手のために、不動産会社に確認すべき事項を説明しました。今回は、ワンルームマンション投資で実際に成功をつかんだ、20代の医師の事例をご紹介します。

税金対策と老後の不安解消に「不動産投資」を選択

〈実例編〉ワンルームマンション投資で成功をつかんだサラリーマン投資家たち

 

Tさん

年齢:29歳

職種:医師

家族構成:独身

年収:1850万円

居住形態:賃貸

物件所有数:7件

ローン残高:2億円

 

不動産投資に興味を持ったきっかけは?

 

仕事柄、セミリタイアを視野に入れたときに、税金対策できるものはないか、老後の不安を株や投資信託以外で解消できないのかと考えました。早いうちにたくさん働いて不労収入を得たかったのです。

 

ちょうどそのときに区分所有のマンション経営と出合いました。良かったのは、一棟ではなく区分にしたことで、場所を分散できたこととエリアを拡散して部屋を持てたことです。それに賃貸需要が高い都心の物件だったため、空室が少なかったのもありました。

 

ローン期間は当然支払いがありますが、入ってくる家賃で補うことができ、毎月の支払いを抑えて資産運用ができること、毎年納めるだけの税金が戻ってきて、かつ将来への対策になるということに興味を持ちました。

具体的な試算で「早ければ早いほど得をする」と確信

不動産投資を始めるにあたっての決め手は?

 

年数も長い期間使え、繰り上げ返済をしなくても老後に収入対策ができること、私が結婚したときに残せる資産を今のうちに作れるということです。また、繰り上げの完済プランも作成していたので、お金を貯めて早目に繰り上げ返済も考えられました。

 

なんせ私は面倒くさいことが嫌いで、仕事を優先してしまうものですから、信用できる担当の営業マンにすべてを一任しています。

 

ただ、3件目以降の運用はブレーキがかかりました。同じ資産が増えるだけで、あとは私が貯蓄するうえで、どのくらいの額が必要なのか具体的に試算したところ、対処法も見つかり運用をしたほうがいいと決心することができました。これは早ければ早いほど得をする運用だと確信しました。

株式会社レイシャス 代表取締役

不動産会社にて支店長、営業本部長執行役員を歴任し、2011年に株式会社レイシャスを設立。タックスプラン、リタイアメントプランを絡めた不動産コンサルティングに定評がある。AFP、宅地建物取引士。自身も投資不動産を所有している。

著者紹介

連載失敗しないワンルームマンション投資…物件選び・購入のポイント

本連載は、2018年1月23日刊行の書籍『決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

住吉 秀一

幻冬舎メディアコンサルティング

90分でまるわかり! 本当に本当の「初心者向けの不動産投資本」です! 世の中に数多く出版されている不動産投資本。初心者向けとうたっていても、その実は専門用語が多かったり、わかりにくい計算式が書かれていたり……。ぱ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧