高収入のサラリーマンが、保険より投資用不動産を選択した理由

前回は、投資物件の売買契約前に「登記簿謄本・賃貸契約書」を確認する重要性を取り上げました。今回は、年収増のサラリーマンが、不動産投資によって節税効果や団信保険のメリットを得られた事例を紹介します。

節税効果と手出し資金の少なさに感じたメリット

〈実例編〉ワンルームマンション投資で成功をつかんだサラリーマン投資家たち

 

Sさん

年齢:42歳

職種:大学教職員

家族構成:奥様扶養・子ども2人

年収:1000万円

居住形態:持ち家(ローンあり)

物件所有数:3件

ローン残高:7300万円

 

ーー不動産に興味を持ったきっかけは?

 

Sさん:正直初めは疑っていました。電話が鳴り、出てみると不動産投資を紹介されてぜひお会いしたいとのことでした。こういった電話は少なくはないので、いつも丁重に断っていたのですが不動産投資についてはまったく知らなかったです。今回は大手さんだし1回くらい話を聞いてみようかなと思ったのがきっかけです。

 

ローンを使えば自己資金もほとんど必要ないし、節税効果もあり手出し資金も少ないということで、自分でもできるのかなと思いました。なにより団体信用保険があるということで、子どもが産まれたばかりの私にはタイミングが良いなと感じました。

支払額が同等なら、不動産のほうが良いと判断

ーー不動産投資を始めるにあたっての決め手は?

 

Sさん:毎月の支払いも保険料と比べてたいして変わらないし、掛け捨てになっている保険よりも、不動産であれば将来的に家賃を受け取れるので、保険をやめて不動産にしたほうが良いと思いました。もちろん空室になったときには不安がありましたが、管理はすべてお任せできるということだったので、思い切って始めました。

 

2年が経って、やっと見直しをして担当の方と話をしていくなかで物件を増やしました。今では3件持っています。年収も上がったことで節税効果もまたありますし、2人目の子どもができ、よく分からないまま始めた保険も解約したので月の支払いも問題ありませんでした。その後、保険の方を紹介していただいて不動産では賄えない入院保険なども手厚くし、妻も安心しています。

株式会社レイシャス 代表取締役

不動産会社にて支店長、営業本部長執行役員を歴任し、2011年に株式会社レイシャスを設立。タックスプラン、リタイアメントプランを絡めた不動産コンサルティングに定評がある。AFP、宅地建物取引士。自身も投資不動産を所有している。

著者紹介

連載失敗しないワンルームマンション投資…物件選び・購入のポイント

本連載は、2018年1月23日刊行の書籍『決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

住吉 秀一

幻冬舎メディアコンサルティング

90分でまるわかり! 本当に本当の「初心者向けの不動産投資本」です! 世の中に数多く出版されている不動産投資本。初心者向けとうたっていても、その実は専門用語が多かったり、わかりにくい計算式が書かれていたり……。…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧