脱下請けに成功 ウェブの有効活用に力を発揮した学生たち

前回は、売上アップにつながった、「学生の発想」を生かしたホームページ作りについて紹介しました。今回は、脱下請けに成功した学生たちの力について見ていきます。

コストをかけない「スモールキーワード戦術」

インターン期間中は、月に一度の研修会と、企業と学生、コーディネート機関の3者間でプロジェクト会議が開かれます。ここでは、学生が主体となったプロジェクトの進捗状況を共有し、半年後にどんな結果を残していくのかといったすり合わせをしていきます。

 

実は、このサポート体制がプロジェクト達成のカギです。企業と学生の適切なマッチングが実現し、学生の本気が引き出される。そうすることで、予想もつかないような化学変化が起きるのです。

 

[図表1]丸八テント商会のホームページ

 

2006年にウェブ事業をスタートしたときは、ヤフーとグーグルで検索すると「丸八テント商会」がトップに出てきました。ところが、検索エンジンの優先順位の基準が変わったことで検索結果の順位は下がり、クリック数が激減したのです。

 

一方、アウトドアグッズの人気が上昇し、「テント」というキーワードで検索するとキャンプ用テントが上位に出てくるようになりました。「スノーピーク」や「コールマン」などのテントメーカーが上位になり、業務用テントはどう頑張っても順位が上がらない。

 

そこで有料サイトに広告を打ち、アマゾンやヤフーショッピングに情報を出すことで、販売数を伸ばしていきました。しかし、反応を得るためにはコストがかかります。コストをかけた割には結果が出ない。その状況を打破するために学生たちが考案したSEO対策が「スモールキーワード戦術」です。

 

「テント」だけでは大きなくくりになってしまうので、検索されやすいキーワードを絞り、たとえば「地域名」+「テント」のパターンでヒット率を上げるというもの。「名古屋テント.com」のドメインは年間500~1000円程度で購入できます。そのページに自社ホームページのブログや施工例、Q&Aを貼り付けていくことで閲覧数を上げ、販売につなげるのです。

 

他に学生が購入したドメインには「幼稚園テント.com」があります。

 

なぜ幼稚園かというと、国や行政が子どもの安全に関する施策をとったとき、テントの発注につながりやすいからです。たとえば夏の時期は、手洗い場や幼稚園のプールなど、直射日光が当たる場所にオーニングという電動のテントを取り付けたいというニーズが増えます。それに合わせて、新商品の紹介や遮熱テントによって温度が何度下がるといったデータを学生たちがアップしていきます。すると検索キーワードでヒットし、注文が次々と舞い込んでくるのです。

 

[図表2]年間平均売上件数推移

ウェブ強化により大手企業との直接取引が増加

メディアに紹介されたあとや、特に休み明けの月曜日は事務所の電話が鳴りやまないほど問い合わせが殺到しています。ウェブは一日800〜1000クリックと閲覧数が激増し、1カ月のPV数は1万件、新規の問い合わせは毎日10件は下りません。そのすべてに学生たちが対応しています。問い合わせに答え、依頼があれば見積もりと図面と写真を送り、契約まで自分たちで進めるのです。

 

ウェブを強化したことで起きたもうひとつの変化は、大手企業からの発注が増えたこと。通常は問い合わせが直接届くことはなく、ビルのオーナーや管理会社はテントの需要があれば設計士やゼネコンに相談します。以前は、そこから下請けとして注文を受けていたのですが、今やネットで検索すれば施工実績が山のように出てきます。

 

サイトから問い合わせのページに直接アクセスしてもらえれば、ダイレクトに取引ができる。学生たちの発信によって、ディズニーシーやユニバーサル・スタジオ・ジャパンから施工依頼の発注がありました。ウェブの活用は、「脱下請け」にも効果があったのです。

 

[図表3]ブログ更新数推移

あなたにオススメのセミナー

    株式会社丸八テント商会 代表取締役社長

    1960年愛知県生まれ。1979年名古屋市立工芸高校卒業後、祖父が1951年に創業した丸八テント商会に入社。職人として製造現場で経験を積んだ後、海外の店舗で使用されるオーニングなどを撮影し、全6冊にも及ぶ世界のテントフォトブックを営業ツールとして自作。2005年の愛・地球博や2010年の上海万博では、大手企業の展示会ブースを手がけるなど、卓越した発想力と行動力でテント業界に新しい風を吹き込む。
    いち早くインターネットビジネスを活用し、自社HPのPV数(閲覧者)は1日に800~1000人となるなど“営業しない営業”のモデルを構築、他社との差別化を図る。また、伝統技術を活かした西陣帆布、西陣カーボンをプロデュース。JAPANブランド育成支援事業として経済産業省の認定を得る。伊東豊雄が設計した、“みんなの森・ぎふメディアコスモス”のグローブに携わる。
    2015年には、映画「シン・ゴジラ」の劇中で使用されたテントを施工した。“ものづくりから、ひとづくり”を信条に、これまで培ってきたプロデュース力を活かして、地域の中小企業を応援しようとミチカラプロジェクトを発足。地域の役に立てるテント屋さんを目指している。一般財団法人日本国際協力センター(JICE)国際協力機関「外国人が日本で働く」セミナー講師をはじめ、各地でセミナー講師を務める。

    2000~2001年 日本テントシート工業組合青年部会長
    2003~2005年 愛知万博飛行船Bプロジェクト実行委員
    2016年~ 愛知県テントシート工業組合理事長

    著者紹介

    連載事業拡大を実現する!中小企業のための長期インターン活用戦略

    本連載は、2016年11月12日刊行の書籍『事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    佐藤 均

    幻冬舎メディアコンサルティング

    中小企業にとって「採用」は非常に大きな問題です。新卒学生の大手志向が進み、中途採用も思うようにはできない時代。優秀な人材ほど条件面で折り合わない等の問題があり、人材獲得は困難を極めます。しかも、中小企業における…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ