売上げアップ 「学生の発想」を生かしたホームページ作り

前回は、会社を支える人材の育成という観点から、「学生インターンシップ」のメリットを紹介しました。今回は、売上アップにつながる「学生の発想」を生かしたホームページ作りについて見ていきます。

ホームページによる集客失敗は「業者任せ」が原因!?

今や販促・PRはウェブの時代。ホームページやブログ、SNSの発信によって売上高を伸ばしている企業の存在も目立っています。

 

ウェブの活用について重要性を感じているものの、従業員が数十人程度の中小企業にとってはウェブ担当の人材を配置するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

かといって、外注するとコストがかかる。それに外部の人に任せきりになると更新頻度も低くなり、ホームページは持っているけれど機能していないという状態になりかねません。

 

中小企業白書の「ITの活用に関するアンケート調査」によると、中小企業の約7割が自社ホームページを開設しているにもかかわらず、実際にホームページを活用して販売数・客数が大幅に増えたと答えた中小企業はわずか3.7%でした。多くの企業が、ホームページをうまく活用できていないのです。

 

なぜ、そんなことが起きてしまうのでしょうか。

 

ホームページによる集客に失敗してしまう企業には、共通点があります。

 

ひとつは、業者に任せきりにしてしまう場合。ホームページをつくれば売れると思うのは、間違いです。担当者が腰を据えて、コンテンツを精査し、運用管理をしなくてはいけません。成功している企業は必ずウェブ担当者がいて、自社内で継続的な努力をしているのです。

 

もうひとつは、ネット集客の仕組みやSEO(検索エンジン最適化)について学ぼうとしないこと。成功している企業にはITに詳しい人材がいたり、経営者や担当者がSEOに関して勉強したりしています。日常の業務が忙しくてコンテンツ追加に手が回らないという状況では、たとえ専門家に頼んだとしても継続的に売上高を伸ばすことはできないのです。

高い更新頻度が過去最高の売上高を生み出す

私の会社では、2016年3月の決算で売上高は過去最高を達成し、帝国データバンクの企業信用調査で全国の優良企業に選ばれました。

 

なぜそこまで業績を伸ばすことができたのか。

 

カギとなったのはウェブの強化でした。長期インターンシップ導入前の2012年に比べてウェブ経由の売上高は37%アップ。ホームページのPV数(閲覧者数)は66%アップと跳ね上がりました。ウェブ経由の受注は、全売上高の50%近くに達しています。

 

何が変わったかというと、更新頻度です。PRに使っているツールは、ツイッター、フェイスブック、グーグルプラス、ワードプレス、gooブログ、アメブロ、はてなブログ、JUGEMブログ、インスタグラム、FC2ブログ。インターンシップを導入してからは、学生一人あたり一日3件以上の更新をするようになりました。インターン中の学生と、アルバイトとして通っている学生を含めると全員で10人。つまり、合計で一日30件、月に1000件近くのページが更新されていることになります。

 

記事の内容は、現場の施工写真や商品紹介がほとんどです。何を掲載するかは各個人に任されていますが、統一しているのは写真を入れることと、タイトルを工夫すること。たとえば、「キャンプテント」ではどの会社でも同じようにいえることなので書きません。「キャンプテントの秘密とは」と、人の注意を引く言葉を入れるとクリック率が変わります。

 

掲載する記事についても季節感を意識して、夏だったらパラソル、秋はアウトドア用テントなど、その時期に合ったものを発信しています。これは私から指示をしたことではなく、すべて学生自身が考えて実行していること。学生同士で他のメンバーと内容が重ならないように、「今日はこれを書く」と連携を取って進めています。

 

毎日30件、月に1000件、ストックが増えるということは、それだけインターネット上に情報が蓄積されていくということです。その情報量こそが過去最高の売上高を生み出した仕掛けです。

 

現在は、新規の問い合わせが毎日来ますが、ブログの中から探した、というよりも検索したときにブログの記事が引っかかったというケースが多い。SEOについては学生全員が一定の知識を持っていて、リーダーが最新情報を集めて使える情報があれば共有するという形です。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社丸八テント商会 代表取締役社長

    1960年愛知県生まれ。1979年名古屋市立工芸高校卒業後、祖父が1951年に創業した丸八テント商会に入社。職人として製造現場で経験を積んだ後、海外の店舗で使用されるオーニングなどを撮影し、全6冊にも及ぶ世界のテントフォトブックを営業ツールとして自作。2005年の愛・地球博や2010年の上海万博では、大手企業の展示会ブースを手がけるなど、卓越した発想力と行動力でテント業界に新しい風を吹き込む。
    いち早くインターネットビジネスを活用し、自社HPのPV数(閲覧者)は1日に800~1000人となるなど“営業しない営業”のモデルを構築、他社との差別化を図る。また、伝統技術を活かした西陣帆布、西陣カーボンをプロデュース。JAPANブランド育成支援事業として経済産業省の認定を得る。伊東豊雄が設計した、“みんなの森・ぎふメディアコスモス”のグローブに携わる。
    2015年には、映画「シン・ゴジラ」の劇中で使用されたテントを施工した。“ものづくりから、ひとづくり”を信条に、これまで培ってきたプロデュース力を活かして、地域の中小企業を応援しようとミチカラプロジェクトを発足。地域の役に立てるテント屋さんを目指している。一般財団法人日本国際協力センター(JICE)国際協力機関「外国人が日本で働く」セミナー講師をはじめ、各地でセミナー講師を務める。

    2000~2001年 日本テントシート工業組合青年部会長
    2003~2005年 愛知万博飛行船Bプロジェクト実行委員
    2016年~ 愛知県テントシート工業組合理事長

    著者紹介

    連載事業拡大を実現する!中小企業のための長期インターン活用戦略

    本連載は、2016年11月12日刊行の書籍『事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    佐藤 均

    幻冬舎メディアコンサルティング

    中小企業にとって「採用」は非常に大きな問題です。新卒学生の大手志向が進み、中途採用も思うようにはできない時代。優秀な人材ほど条件面で折り合わない等の問題があり、人材獲得は困難を極めます。しかも、中小企業における…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ