経営者の思いを形に・・・学生のアイデアが生み出す新しい事業

前回は、学生によるメディアへの広報活動を通じて、企業の知名度アップを実現した事例を紹介しました。今回は、将来の事業の柱をつくる「学生の柔軟なアイデア」について見ていきます。

学生同士がつなぐ海外企業との「ウィンウィン」な関係

前回の続きです。

 

このように、海外とのつながりが出てきたことで、私の会社は新しい事業をスタートさせることができました。それが「ミチカラプロジェクト」です。

 

ミチカラプロジェクトは、インドをはじめ諸外国から、日本語をある程度話せる人材を技能実習生として受け入れることをコンセプトとして立ち上げました。

 

このプロジェクトの背景には、中小企業が海外進出や海外人材を雇用したいと思っても自社だけでは人材不足や資金不足などの理由からそれができないケースが多いことがあげられます。また、海外の人材が持つ語学力やPCスキルの高さは国内企業から注目度が高いことも理由のひとつです。

 

現在は主に日本とインドとの間でやり取りをしており、それぞれにメリットがあるビジネスモデルをつくりました。

 

日本側のメリットとしては、日本の企業に高いスキルを持ち、日本語を話せる海外人材を派遣・紹介することで業績アップに貢献するというものです。一方、インドにとってのメリットは大学やビジネススクール、人材派遣会社などで人材を確保することができる点です。

 

私の会社では現在、インドの大学と共同で日本語の授業を設け、インド人に日本語を教え実習生候補を育成するチャレンジを行っています。

 

インドの学生に日本語を教えているのは、英語が堪能なスーパー大学生たちです。週に一度、スカイプによる通話でレッスンを行うほか、普段インドの学生が勉強するための教科書をつくり、教材として提供しています。このように、インドの学生を育て、将来的に日本の企業にアテンドしていくわけです。

コンサルタントを雇えない中小企業に学生のアイデアを

日本企業への提案の流れは、まずヒアリングです。1、2回程度のヒアリングを行い、その企業の現状、課題点、要望などをうかがいます。そのうえで、提案書を作成し、課題解決のための施策を提案、実行するのです。このときのアイデアはM君が中心となり、私の会社にいるインターン生全員で出し合います。こうして学生たちの力で企業がかかえる課題を解決するという仕組みができあがりました。

 

このミチカラプロジェクトには大きな可能性があると思っています。単に海外の人材を国内の企業に斡旋するだけでなく、単純に新規事業に取り組みたい、現状の業務を効率化させたいなどの課題の解決についても取り組んでいます。

 

たとえば、私の会社がある補助金の申請について商工会議所に相談をしていたところ、担当者から「業績不振で困っている経営者を助けてあげてくれないか」という相談を受けたのです。その企業は町の小さな旅行代理店で、ホームページを見てみるとデザインは古く、コンテンツも充実していません。しかし、ミチカラプロジェクトであれば解決できるかもしれないと思い、その申し出を受けることにしたのです。

 

学生たちは早速その旅行代理店にヒアリングを開始し、どうすればこの代理店の集客力が向上するかを議論しました。なんどもヒアリングと提案を繰り返し、ホームページの刷新と魅力的なツアープランを企画することに決まり、学生ならではの柔軟な発想で「手ぶらで行く海外ツアー」などいくつもの提案をしました。

 

地方の中小企業はコンサルタントを雇おうと思っても、なかなか資金を捻出することができません。私の会社のミチカラプロジェクトはまだ立ち上げたばかりなので、明確に料金設定をしていないのですが、大企業のようにコンサルティングや新規事業の立ち上げに多くの予算を使えない中小企業の力となることで、私の会社全体の認知度があがり、めぐりめぐって結果はついてくるものだと確信しています。

 

このように長期インターンシップに参加した学生たちが、将来事業の柱になりそうなプロジェクトを立ち上げてくれました。経営者がなんとなく描いていた「こういうことをしてみたい」という思いを、スーパー大学生たちは形にしてくれるのです。

 

[図表]ミチカラプロジェクト

あなたにオススメのセミナー

    株式会社丸八テント商会 代表取締役社長

    1960年愛知県生まれ。1979年名古屋市立工芸高校卒業後、祖父が1951年に創業した丸八テント商会に入社。職人として製造現場で経験を積んだ後、海外の店舗で使用されるオーニングなどを撮影し、全6冊にも及ぶ世界のテントフォトブックを営業ツールとして自作。2005年の愛・地球博や2010年の上海万博では、大手企業の展示会ブースを手がけるなど、卓越した発想力と行動力でテント業界に新しい風を吹き込む。
    いち早くインターネットビジネスを活用し、自社HPのPV数(閲覧者)は1日に800~1000人となるなど“営業しない営業”のモデルを構築、他社との差別化を図る。また、伝統技術を活かした西陣帆布、西陣カーボンをプロデュース。JAPANブランド育成支援事業として経済産業省の認定を得る。伊東豊雄が設計した、“みんなの森・ぎふメディアコスモス”のグローブに携わる。
    2015年には、映画「シン・ゴジラ」の劇中で使用されたテントを施工した。“ものづくりから、ひとづくり”を信条に、これまで培ってきたプロデュース力を活かして、地域の中小企業を応援しようとミチカラプロジェクトを発足。地域の役に立てるテント屋さんを目指している。一般財団法人日本国際協力センター(JICE)国際協力機関「外国人が日本で働く」セミナー講師をはじめ、各地でセミナー講師を務める。

    2000~2001年 日本テントシート工業組合青年部会長
    2003~2005年 愛知万博飛行船Bプロジェクト実行委員
    2016年~ 愛知県テントシート工業組合理事長

    著者紹介

    連載事業拡大を実現する!中小企業のための長期インターン活用戦略

    本連載は、2016年11月12日刊行の書籍『事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    事業拡大を実現する中小企業のための「長期インターン」活用戦略

    佐藤 均

    幻冬舎メディアコンサルティング

    中小企業にとって「採用」は非常に大きな問題です。新卒学生の大手志向が進み、中途採用も思うようにはできない時代。優秀な人材ほど条件面で折り合わない等の問題があり、人材獲得は困難を極めます。しかも、中小企業における…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ