▲トップへ戻る
楽しく、健康的に飲めるお酒の「適量」とは?

前回は、大量の飲酒がどのような病気を引き起こすのかを説明しました。今回は、お酒の「適量」について見ていきます。

日本人は欧米人に比べてお酒に弱い!?

アルコールの分解酵素であるアセトアルデヒド脱水素酵素2型には3つの型があり、酵素の活性が強い人と弱い人、そして活性がまったくない人がいます。

 

お酒に強い人はアセトアルデヒドの代謝速度が速い活性型を持ち、代謝速度の遅い低活性型や酵素活性がまったくない非活性型を持つ人はお酒に弱いタイプです。自分がどの型を持っているかは、親から受け継ぐ遺伝子によって決定され、後天的に変わることはありません。

 

最近は遺伝子検査が話題になっていますが、自分がどのタイプの遺伝子型を持っているかを簡単に調べることができるようになりました。

 

日本人の約4割は低活性型で、約1割は非活性型といわれています。欧米人に比べてお酒に弱いといわれるのには、この遺伝子が関係しているというわけです。ちなみに、非活性型はモンゴロイド(黄色人種)にだけ見られる特徴ともいわれています。

厚生労働省は1日20グラム程度のアルコール量を提示

では、適量とは果たしてどれくらいの量なのでしょう。

 

これには個人差があり、同じ人であってもその日の体調によって酔い具合が違いますから、一概にいうことはできません。ただ、厚生労働省による飲酒のガイドラインでは、「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として1日平均純アルコールで20グラム程度」としています。

 

これは、「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チュウハイ(7パーセント)350㎖缶1本」「ウイスキーダブル1杯」に相当します。この数値は、日本人や欧米人を対象にした大規模な疫学研究からアルコール消費量と総死亡率の関係を検討し、それを根拠に割り出されたものとされています。

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

連載「体の酸化」を食い止めるビールの健康効果

 

 

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

【ビールで病気を予防する!?】 ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧