大量の飲酒によってどんな「病気」が引き起こされるのか?

前回は、様々なビールの特徴と、どのビールが健康面で相応しいのかを説明しました。今回は、大量の飲酒がどのような病気を引き起こすのかを見ていきます。

様々な健康効果を持つビールだが、飲み過ぎは危険

薬は正しく用いれば病気を治しますが、間違った使い方をすると毒となり、命を奪うこともあります。ビールも同じように、アルコール飲料である以上は、飲み過ぎれば肝臓を悪くするなど健康を害してしまいます。

 

昔から「酒は百薬の長」というように、適量のアルコールはさまざまな健康効果を得ることができます。例えば、胃液の分泌を促して消化を助け、食欲を増進させます。また、血行を良くしたり、利尿作用があるので体内に溜まった老廃物を洗い流して、疲労回復につながります。

 

他にも、ストレス解消になったり、睡眠促進効果や鎮静効果がありますので、気持ちを落ち着かせて寝つきを良くしたりもします。

飲み過ぎはアルコール性肝炎や肝硬変の原因に

しかし、アルコールは飲み過ぎると肝機能障害を引き起こします。摂取したアルコールは、約20パーセントが胃の毛細血管から、残りの約80パーセントは小腸から吸収されて血液中に溶け込んで全身を巡った後、肝臓へと運ばれます。

 

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きで、アルコールが有害なアセトアルデヒドに分解されます。さらに、アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素2型(ALDH2)の働きで無害な酢酸に分解され、 酢酸はアセチルCoA合成酵素の働きで分解され、最終的には水と二酸化炭素にまで無害化されて、ようやく吐く息や尿、汗と一緒に排泄されます。

 

二日酔いになるのは、最初の分解で発生したアセトアルデヒドによるものです。この物質は毒性が強いために悪酔いの原因になります。

 

アルコールの分解過程は一定の速度で進むため、飲む量が多過ぎたり、ピッチが速いと分解が追いつかず、全身にアセトアルデヒドが回ったり、アルコールが肝臓を素通りして脳に達したりします。これが、脳の嘔吐中枢を刺激して、吐き気や頭痛、悪酔いなどを引き起こしています。

 

飲み過ぎて二日酔いになるだけなら良いのですが、長期にわたって飲み続けていると、やがて肝臓が障害されてきます。平均的な日本人の場合、ビール1本を肝臓で分解するには約3時間かかります。ですから2本、3本と酒量が増えれば、さらに肝臓に負担をかけることとなります。

 

大量の飲酒を長年続けている人は、肝臓の細胞に中性脂肪が溜まる「脂肪肝」ができ、やがてアルコール性肝炎になる危険性があります。さらに進めば、肝硬変になって肝臓の機能が低下してしまいます。特に日本人は、欧米人に比べてアルコールに弱い体質のため、肝臓に負担をかけやすいので、飲み過ぎには注意が必要なのです。

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

連載「体の酸化」を食い止めるビールの健康効果

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

ビールで病気を予防する⁉︎ ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。 しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧