“株価の下落”が怖いなら…新NISA「成長投資枠」を活用した「債券ファンド投資」がおすすめな理由【投資のプロが解説】

“株価の下落”が怖いなら…新NISA「成長投資枠」を活用した「債券ファンド投資」がおすすめな理由【投資のプロが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

“株価の下落が怖い”投資家にすすめたい「債券ファンド」

筆者は、日本の個人投資家のみなさんが次の5つのタイプに分類できるのではないかと考えています。

 

A.株式市場全体は「長期右肩上がり」だと考える人
……熟知かつ心配無用

 

B.(株価は「長期右肩上がり」だと思うが)しばらく株価は下がると考える人
……熟知かつ懐疑的

 

C.株式市場全体では上がりにくく、生き残る企業や産業の選別が進むと考える人
……熟知・懐疑的(株式市場全体では上がりにくいが、なかには成長する企業や産業はあるだろうと考える人) 

 

D.どの企業の株価も、もはや上がらない・横ばいだと思う人or下落が怖い人
……熟知かつ懐疑的

 

E.「株高よりインフレでは?」。政府債務・労働力不足・温暖化対策・米中対立・ウイルスなど
……達観

 

とはいえ、もしも多くの方が「タイプA」ならば、日本でも米国のように資産運用は拡大していたはずですから、『NISA』は導入されなかったはずです。

 

逆にいえば、これまでほとんどの方は「タイプB」から「タイプE」だったわけですし、そうした状況はいまも大きくは変わっていないでしょう。

 

「タイプB」から「タイプE」までの方には、

 

1.信頼できるアドバイザーのサポート/アドバイスを受ける

2.『成長投資枠』を活用する

3.(『成長投資枠』でも)「積み立て投資」を行う

 

以上の3つがポイントだと考えています。

 

『成長投資枠』は、「タイプB」から「タイプE」までの方たち≒資産運用に踏み出せない多数派の方たちのために作られたと捉えることもできます。

 

※ 補足しますと、新NISAには『つみたて投資枠』と『成長投資枠』の2つの枠があります。とくに「タイプB」の一部や「タイプC」の方向けのアクティブ・ファンド、『タイプD』の方向けの債券ファンド、『タイプE』の方向けの実物資産に投資をするファンドは、おもに『成長投資枠』のなかに含まれます。

 

「外貨建ての債券」は高金利が続く可能性がある

「タイプD」の「どの企業の株価も、もはや上がらない・横ばいだとお考えの方」or「下落が怖いとお感じになる方」には、①『成長投資枠』で、②主に債券に投資をする投資信託に、③積み立て投資を行うことをおすすめします。

 

特に、外貨建ての債券に投資する場合には久しぶりの高金利であり、なおかつ、今後の長期的なインフレの要因(気候変動対策・少子化・米中対立・格差是正・パンデミック対策・政府債務の増大など)を踏まえると、

 

(途中、景気循環の曲折はあれども)高金利が続く可能性があり、債券に投資をする投資信託に長期投資する意義は高まっているといえるかもしれません。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

次ページ筆者が「債券ファンド」をすすめる根拠は…

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    ※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。•当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ