(※写真はイメージです/PIXTA)

負けている「負」動産を“勝てる”不動産に変えることができる「リフォーム投資」は、不動産投資を成功させるために有益な手段の1つといえます。しかし、実際のところ、不動産営業マンの口車に乗せられ、粗悪な物件に手を出している投資家も多いといいます。リフォーム投資のプロである株式会社ピカいちの代表取締役・柳田将禎氏が、不動産投資で営業マンに翻弄されないために大切な考え方・意識について、わかりやすく指南します。

不動産業者は「不動産を売る」プロにすぎない

ここ数年不動産投資の失敗談を耳にする機会が増えました。典型的なのは、不動産業者に言われるがまま物件を購入した人たちです。

 

営業マン個人の人柄はとてもよく、話もしやすく信頼ができる。でも、紹介してもらう物件はまったく儲からないケースは珍しくありません。

 

これは営業マンに知識がなく、自分が粗悪な物件を売っていることすら自覚していないパターンが見受けられます。

 

「自分のお金を使わずに買えますよ」「銀行が認めてくれた物件ですから、それを信用しましょうよ」などと熱意をもって説明しているのですが、おそらく営業マン本人は悪気がないと推測します。

 

巧妙な営業トークに騙され、儲からない物件を掴まされるケースも多い

しかし、その会社の経営者や上司は実態を把握したうえで、新入社員の営業マンに指導を行っているわけです。とくに新築ワンルームを扱っている業者はその傾向が強いように感じます。

 

ファイナンシャルプランナーから「サラリーマンにはどれだけの老後資金が必要か」を学び、主に税金面や年金問題などを切り口に、説得力がある口調でサラリーマンだけでなく、医師や公務員、中小企業の経営者を中心に営業をしています。

 

結局のところ、当の営業マンたちは不動産や不動産投資のプロではなく、あくまで「不動産を売ること」のプロなわけです。

 

もちろん、不動産業者のすべてが詐欺まがいの行いをしているわけではありません。しかし、巧妙な営業トークに翻弄され、儲からない物件をつかまされた人たちも多いのが実情です。

 

そして、さらに専門用語でいう「正常性バイアス」(集団心理)自分だけは大丈夫だろうと考える心理がかかってしまった非常に問題のある状況です。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ投資家の“当事者意識の欠如”が招いた、かぼちゃの馬車事件

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は柳田 将禎氏による著書『ピカいちのリフォーム投資 改訂版』(プラチナ社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    ピカいちのリフォーム投資 改訂版

    ピカいちのリフォーム投資 改訂版

    柳田 将禎

    プラチナ出版

    千葉の九十九里から元自衛官の現役サーファー社長が、自己資金ゼロ! 負けてる負動産を勝てる不動産にする投資術を公開!! 2019年に発刊以来、増刷を経て今回さらに増収増益を続けているリフォーム専門業者が改訂版を発刊!! …

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ