(※写真はイメージです/PIXTA)

負けている「負」動産を“勝てる”不動産に変えることができる「リフォーム」。自己資金ゼロで行う「リフォーム投資」は、不動産投資を成功させるために有益な手段の1つといえます。リフォーム投資のプロである株式会社ピカいちの代表取締役・柳田将禎氏が、不動産投資を始める際に必要な考え方・意識について、わかりやすく指南します。

日本全国で、不動産投資に失敗するケースが増えている

ここ数年、不動産投資は一般のサラリーマンの関心を集め、実際に投資をはじめる人が増えました。不動産投資の裾野が広がったのは良いことですが、その一方で、失敗する人が比例して増加しているのも事実です。

 

とくに2018年は、新築シェアハウス「かぼちゃの馬車」破たんに端を発した不正な銀行融資など、不動産投資のネガティブな部分が噴出した印象があります。

 

失敗投資は都内だけではありません。融資が受けやすい市況ということもあり、全国中の不動産が売買されました。その結果、買うべきでない物件を買ってしまったサラリーマン投資家が激増しています。

 

失敗するか否かは「物件」ではなく「マインド」が重要

心当たりのある方は、次の「負け組チェックシート」をもとに、ご自身の状況を把握していただければと思います。

 

【「負け組」チェックシート】

□ 買う前に物件を見ていない

□ 物件を買ってから1年以上見に行っていない

□ 3カ月以上、空室のままで改善策を考えない

□ 空室があっても、この地域はこの入居率が普通だからいいと思っている

□ キャッシュフローが出るからと、空室があることに慣れている

□ キャッシュフローがマイナスな人、税金払ったらマイナスの人

□ 収支を把握していない人、数字を自分で理解していない人

□ 家賃の入金を確認していない

□ 管理会社からの収支報告書の封を開けない人、内容を精査していない人

□ 物件の近隣家賃相場を知らない

 

いかがでしょうか。このチェックシートのうち、3つ以上当てはまる人は、不動産投資に失敗している可能性が高いです。お気付きの方もいると思いますが、本当に失敗しているか否かは、物件そのものよりも、その投資家の意識やマインド、取り組み方が重要なのです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ失敗の“火種”になりかねないのが「放置」と「楽観視」

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は柳田 将禎氏による著書『ピカいちのリフォーム投資 改訂版』(プラチナ社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    ピカいちのリフォーム投資 改訂版

    ピカいちのリフォーム投資 改訂版

    柳田 将禎

    プラチナ出版

    千葉の九十九里から元自衛官の現役サーファー社長が、自己資金ゼロ! 負けてる負動産を勝てる不動産にする投資術を公開!! 2019年に発刊以来、増刷を経て今回さらに増収増益を続けているリフォーム専門業者が改訂版を発刊!! …

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ