フランチャイズビジネスに向いているのは、マニュアルがあることに安心感を覚える人!?フランチャイズ経営の「向き不向き」を徹底解説

フランチャイズビジネスに向いているのは、マニュアルがあることに安心感を覚える人!?フランチャイズ経営の「向き不向き」を徹底解説

「フランチャイズ経営」の向き不向きはどのようにして見極められるでしょうか。そのコツについて、筆者はフランチャイズ特有の「マニュアルの活用」と「参入障壁の高さ」に着目し、解説します。コンビニ7店舗を経営するフランチャイズオーナー、長瀬環氏著『儲かるコンビニのフランチャイズの教科書』(自由国民社)より一部を抜粋し、フランチャイズビジネス全般における加盟店側の心構えや考え方を易しく紹介します。

「参入障壁の高さ」は経営の「安定しやすさ」

例えばあなたが山登りをするとして、その山が高いのか低いのか、断崖絶壁なのか登山道を歩くだけなのか、1人で登れる山なのかチームを作らなければ登れない山なのか、で持ち物も装備も登山にかかる日数も変わってきます。

 

しかし、山それぞれに違いはあれど、その山に登りきることができたら成功です。どの山に登るのか、どうなったら成功なのかの達成条件を事前に決めておくことが重要です。

 

フランチャイズの山の高さは、そのビジネスの難易度ということができるでしょう。高い山のほうが登る人も少ないように、難易度が高い業態は新規に始める人が少ない業態と言えます。難易度はつまり参入障壁と言い換えることができます。

 

参入障壁が低い業態は、誰でもできるということです。誰でもできるものは競争が激しくなりやすいので、勝ち残るのが大変です。たとえスタート段階で経営がうまくいっていたとしても、競合が出ればすぐに真似される恐れがあります。

 

逆に参入障壁が高い業態は、安定しやすいということになります。安定しやすいとはいえ、参入障壁が高いということは業務の難易度が高かったり、初期投資が高額であったりします。

 

コメダ珈琲は初期投資が数千万円と言われていますし、1年間の実務経験がなければ加盟することができません。新たなビジネスの候補に上がったとしても、初期投資額が高いという点と実務経験を1年間積まなければならない点でコメダ珈琲を選択できる人は少ないでしょう。そういった意味で、参入障壁が高いビジネスと言えます。

経営において重要なこと

また、もう1つ重要なポイントは、そのビジネスが店舗を増やすことができるフランチャイズであるのかどうかということです。

 

1店舗だけ経営すれば満足だと思って始めたビジネスでも、経営が安定し年月が経つと事業を拡大したくなるかもしれません。そうした時に複数店経営が認められてないフランチャイズだと店舗を増やしたくても増やすことができません。

 

フランチャイズでない起業であれば、増やしたくなったら増やすことができます。しかし、フランチャイズは本部がそもそも認めていないことは、やることができないものなのです。

 

例えば、ワークマンは1店舗を夫婦で経営するビジネスモデルです。複数店での経営は認められていません。セブンイレブンも家族経営が中心ですが、複数店を経営することができます。このように大企業間でも条件は違います。店舗を拡大できる可能性があるのかどうかも考慮すべきでしょう。

 

成功の形というのは、人それぞれ、様々です。人によっては1店舗でじっくりとやることが向いているかもしれないし、人によっては多店舗展開していくバイタリティがあるのかもしれない。人と関わらずに1人でやっていったほうがうまくいく方もいるでしょう。資金面でも多額の投資ができる方もいれば、少ししか資金がない方もいます。人それぞれ属性が違うので、成功の形というのは違って当然です。

 

いずれにせよ、加盟しようと思っているフランチャイズの参入障壁の高さやそのビジネスでどんな成功の形があるのかを加盟前に調査しましょう。どの山に登るのか、どうなったら成功なのかを事前に決めておいたほうが良いでしょう。

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月5日(火)開催
投資について理解が深まる1時間!
資産形成の第一歩【不動産投資セミナー】

 

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

 

【海外不動産】3月9日(土)開催
《2024年・最新情報が満載》
銀行融資担当者が語る!「ハワイ不動産投資」の魅力

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、長瀬環氏による著書『儲かるコンビニフランチャイズの教科書』(自由国民社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    儲かるコンビニフランチャイズの教科書

    儲かるコンビニフランチャイズの教科書

    長瀬 環

    自由国民社

    現在、起業の選択肢の1つとして有力になりつつあるフランチャイズ。一見、本部の下での経営は安定しているように見えますが、実際は、普通の会社経営と同じように多くの苦労を抱えています。 本書は、年商17億円・店舗数7店…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ