前回は、投資用マンションを選ぶ際は「立地」を優先すべき理由について説明しました。今回は、投資したマンションの「空室」による具体的な損失金額を見ていきます。

賃貸マンションの入居期間は平均で3〜5年

「空室リスクを考えると怖くて、買う踏ん切りがつきません」こうおっしゃるお客様は多くいらっしゃいます。

 

「郊外の物件で、半年経っても空室が埋まらない」「どんどん賃料が落ちていく」……このような物件は確かにリスクが大きすぎます。

 

しかし今回私がお勧めしている都心の6区内・駅近の物件の場合、適正家賃で貸したときの空室期間はほぼ2カ月以内です。早いときには10日も空かずに次の入居者が見つかることも往々にしてあります。

 

また、通常の賃貸借契約では2年ごとに入居者が更新料を払い、契約を更新しますが、今までの経験で言うと、入居期間は平均で3〜5年の場合が多いようです。

空室リスクを考え、「家賃2カ月分」を常時口座に用意

この空室期間を踏まえたうえで、収支を具体的にシミュレーションしてみましょう。第3回でも例に挙げたB子さんが購入した3000万円(賃料14万円/月)の投資用マンションの場合、資産は10年で920万円、20年で1790万円になることはすでにご説明したとおりです。

 

一方、空室リスクはというと、空室になる時期が3年に1回、2カ月間あると想定します。つまり10年間のうち6カ月分の家賃を空室により損失することになります。空室による損失賃料は10年で84万円、20年で168万円です。

 

資産の増加率と、空室で失う収益減を比較してみてください。たった数パーセントの空室リスクを気にしてマンション投資を行わないのは、もったいないとしか言いようがありません。

 

もちろん、空室による収益減に慌てないためには対応策が必要です。とはいえ、難しく考える必要はありません。家賃2カ月分の額を常時口座に入れておけばいいのです。

【図表 貯金とマンション投資(空室なし、空室あり)の資産の推移】

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年6月30日刊行の書籍『働く女性たちへ 今すぐマンション投資を始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    働く女性たちへ 今すぐマンション投資を始めなさい

    働く女性たちへ 今すぐマンション投資を始めなさい

    梅田 圭子

    幻冬舎メディアコンサルティング

    生き方が多様化し、ひとりで生きることを選ぶ女性も増えています。 自由気ままに生きているように見える彼女たちですが、実は将来への「漠然とした不安」が尽きないのが実態です。著者自身も、忙しく働くなかで漠然と不安を感…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ