P/Lのグラフ化で従業員に「コスト意識」を持たせる方法

今回は、 P/Lのグラフ化で従業員に「コスト意識」を持たせる方法を見ていきます。※本連載は、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングの代表取締役・古山喜章氏の著書、『経営者の財務力を一気にアップさせる本〔補訂版〕』(東峰書房)の中から一部を抜粋し、図を徹底活用した貸借対照表・損益計算書の見方をご紹介します。

自社の「儲け」を把握していない従業員たち

従業員教育をさせていただく際、“わが社の儲けはどれくらいあると思いますか?”という質問をすることがあります。

 

入社10年以内の社員の場合、まあ大体“?????”となります。で、“じゃあ、年商はどのくらいでしょうか?”と尋ねます。それでも半分以上の方が、“??????”となります。

 

目の前の業務には専念するものの、会社全体の数字となると、知らない従業員がほとんどですね。なので、よく、面積図を描いて説明します。とりわけ、下にあるような面積図(図表1)です。

 

【図表1  P/L(損益計算書)をグラフにしてみる】

 

一番左側が売上高、つまり、年商です。売上高が、その右隣のグラフへ、原価と売上総利益に分かれます。

 

そして、売上総利益が、販売費及び一般管理費と営業利益に分かれます。

 

さらに、経常利益、税引前利益、純利益、と続きます。まずは、売上をベースとした、収益構造を理解してもらいます。

 

左の面積図では、原価が30%、売上総利益が70%、経常利益は10%、です。

 

従業員教育の場合、それぞれの企業の大枠の実態に合わせて、説明します。すると、税前利益や純利益はともかく、経常利益がどれくらいか、知らない従業員がほとんどなのです。

 

この面積図で説明すると、ほとんどの従業員から、

 

“利益って、出ないものなんですね”

“もっと儲かっていると思っていました”

 

などという意見が出てきます。

収益構造を理解すれば「コスト削減」の重要性もわかる

P/Lは、いわば自社の収益体質です。その収益体質を知らない人たちに、“コスト削減せよ!”と声を上げても、なかなか響きません。

 

自社の収益体質をわかったうえで、

 

“もっと売上総利益を増やすにはどうすればよいか〞

“もっと営業利益を増やすにはどうすればよいか”

“利益を減らさずにもっと給料を増やすにはどうすればよいか”

 

などを考えさせるのです。

 

そうして初めて、“コスト削減!”の重要性がわかるのです。

 

経営者や幹部人材には、B/S面積グラフで財務体質を理解していただき、中堅クラスまでの従業員には、P/Lの面積図を理解してもらいたいのです。

 

一度、従業員に、図のような面積図を使って、自社の収益体質を確認してみてください。

 

多くの社員は、経常利益が売上高に対してどれくらいなのかを知りません。

自社の収益構造を認識させよう!

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 代表取締役

昭和40年 大阪府生まれ。

平成元年 関西大学卒業後、兵庫県の中堅洋菓子メーカーに入社。経理、総務、人事、生産管理、工程管理、広報など、主たる管理部門で実力を発揮。

平成17年 株式会社アイ・シー・オーコンサルティングに加わり、経営指導業務を開始する。
以降、長年の現場実務経験と、師匠である井上和弘(アイ・シー・オーコンサルティング会長)の《井上式経営術》を武器に、日々、中小企業の黒子としての経営指導に邁進している。

指導実績:財務改善、税務・銀行対策、労務問題改善、経営企画、管理会計、IT・システム化、事業承継など。
また、日本経営合理化協会主催「後継社長塾」(塾長:井上和弘)、に塾長補佐として参加し、後継社長の育成にも尽力している。

著者紹介

株式会社アイ・シー・オーコンサルティング 会長

昭和17年大阪生まれ。早稲田大学卒。昭和59年大手コンサルティング会社を経て、株式会社アイ・シー・オーコンサルティングを設立。企業再建の「名外科医」として、赤字会社の中に入り込み、社長や役員を叱りとばしながら思い切った手を果敢に打って短期間に収益を回復させる。経営指導暦は40年を超え、これまで400社以上を直接指導。オーナー社長のクセを知り尽くし、1社も潰さず、一部上場はじめ株式公開させた企業も十数社にのぼる。

著書:『儲かるようにすべてを変える』『カネ回りのよい経営』『後継者の鉄則』(いずれも日本経営合理化協会出版局)、『社内埋蔵金をお金にする知恵』(中経出版)『儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい』(ダイヤモンド出版)など。

著者紹介

連載経営者の財務力を一気にアップさせるB/S、P/Lのグラフ化

本連載は、2015年4月30日刊行の書籍『経営者の財務力を一気にアップさせる本〔補訂版〕』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

経営者の財務力を一気に アップさせる本〔補訂版〕

古山 喜章,井上 和弘

東峰書房

数字が苦手な人にこそ読んで欲しい! 本書では、会社経営にまつわる数字を読み解き財務力をアップさせる方法を解説します。数字が苦手だからこそとことんわかりやすく理解する方法を見出した筆者。そのノウハウをお伝えし、経…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧