(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

2022年…印象的な「3つ」の出来事

2022年は、国際政治情勢に大きな変化があった年でした。特に

 

①ロシアとウクライナの戦争

②安倍晋三元総理の死去

③中国共産党・党大会

 

の3つが挙げられます。

 

2点目について、安倍元総理の功績のひとつは、「自由で開かれたインド太平洋戦略」(FOIP)を打ち出したことでしょう。アジア地域のみならず、アフリカや世界の自由主義と民主主義陣営を守るため、インドを取り込んだことが、安倍元総理の慧眼とされます。この構想が、将来の日本を救う可能性も十分に考えられます。

 

筆者個人は、2022年の上記3つの出来事を踏まえ、資産運用にも「自由で開かれたインド太平洋」が使えるのではと考えています。

マネーは「自由主義」と「資本主義」を好む

冷戦終了以降の「平和」の期間においては、経済のことだけを考えれば、ほぼ事足りました。しかし、今後は国際政治が、経済合理性に優先すると見られます。

 

これに合わせ、マネー(お金)の行先にも変化があると考えるのが自然です。

 

なぜなら、マネーは、「自由主義」と「資本主義」を好むためです。マネーは、自由主義と資本主義の下で、最も多く増殖できます(そして、それら2つの下で、マネーが最も激しく暴れ回ることも事実です)。

 

投資家としてはおそらく、マネーが最も多く増殖するところに、資本を投じたいと考えるでしょう。

 

冷戦終了以降の「平和」の期間においては、マネーは世界中、ほとんどどこにでも投じることができましたし、投資家は、数多くの選択肢のなかで高い成長を持つところに投じようと思案しました。

 

今後、世界がいくつかの「極」に分かれていくとすれば、(自由主義と資本主義を好む)マネーの行き先は、政治の動きに影響されつつ、以前よりも狭まるように思えます。

 

そこで筆者は、投資先の候補として「インド太平洋」を挙げたいと思います。具体的には、

 

①(気候変動対応を含む)経済安全保障関連の日本企業

②インド:次なる世界の工場、需要地

③米国:自由主義・民主政治陣営のなかでの農業・資源・軍事の大国

 

の3つです。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

次ページいまから注目しておきたい「2023年の投資先候補」

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    •当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ