「スパイ防止法」がない日本!いつまでスパイ天国を続けるのか (※写真はイメージです/PIXTA)

中国の日本への浸透、とくに政界への浸透は憂慮すべき状況になっています。与野党を問わず多くの議員が、中国から便宜供与を受け、中国の意のままに発言し行動しているケースが多いといいます。元・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏が著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)で解説します。

スパイ防止法の制定と諜報機関の充実を急げ

我が国はスパイ天国だと言われている。我が国にはスパイを取り締まる法律「スパイ防止法」がないからだ。スパイ防止法がないということはスパイ罪の規定がないということである。

 

我が国では、国家の重要な情報や企業等の情報が不法に盗まれたとしても、その行為をスパイ罪で罰することができない。スパイ行為をスパイ罪で罰することができない稀有な国が日本なのだ。

 

初代内閣安全保障室長をつとめた佐々淳行氏は、警視庁公安部や警備部などで北朝鮮、ソ連、中国の対日スパイ工作の摘発にあたっていたが、月刊誌『諸君』(2002年12月号、文藝春秋)で次のように述べている。

 

〈我々は精一杯、北朝鮮をはじめとする共産圏スパイと闘い、摘発などを日夜やってきたのです。でも、いくら北朝鮮を始めとするスパイを逮捕・起訴しても、せいぜい懲役一年、しかも執行猶予がついて、裁判終了後には堂々と大手をふって出国していくのが実体でした。なぜ、刑罰がそんなに軽いのか――。どこの国でも制定されているスパイ防止法がこの国には与えられていなかったからです。〉

 

日本以外の国では死刑や無期懲役に処せられるほどの重大犯罪であるスパイ活動を、日本では出入国管理法、外国為替管理法、旅券法、外国人登録法などの違反、窃盗罪、建造物(住居)侵入などの刑の軽い特別法や一般刑法でしか取り締まれず、事実上、野放し状態なのだ。

 

スパイ防止法がないために日本の軍事情報、最先端技術などが大量に盗まれているのではないかと私は危惧している。そして、スパイの国籍は中国、北朝鮮、ロシアが主体であろうが、民主主義国家のスパイも当然いると思う。

 

国家の安全保障において、国家機密や防衛機密を守り、他国の諜報活動を予防し、対処することは自衛権の行使として当然の行為である。世界のどの国にもスパイ行為を厳しく取り締まる法(スパイ防止法や国家機密法など)が存在する。それがスパイ対策の基本だ。

 

■日本の諜報機関の充実を

 

世界各国では、国外でも諜報活動を実施する米国のCIA(米中央情報局)、中国のMSS(国家安全部:とくに海外の最先端技術情報の窃取が目的)、英国のSIS(英情報局秘密情報部、いわゆるMI6)、ロシアのFSB(ロシア連邦保安庁、ソ連時代に有名であったKGBの後継組織、ウラジーミル・プーチン大統領は第四代FSB長官)、ドイツのBND(ドイツ連邦情報局)、イスラエルのモサド(イスラエル諜報特務庁)などの有名な対外諜報機関が存在するが、日本には国外で諜報活動を実施する機関は存在しない。

 

日本の諜報機関は国内で活動し、公安警察、公安調査庁、内閣情報調査室(CIRO=サイロ)、防衛省の情報本部(DIH)などが存在するが、いずれも小規模(DIHを除く)で、国外での諜報活動、とくに特殊工作(暗殺や破壊工作など)はおこなっていない。

 

日本国内でスパイを取り締まる法律もなく、諜報機関も小規模であるために、日本はスパイ天国になってしまい、中国の統一戦線工作などを許しているのだ。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】2/16(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

あなたにオススメのセミナー

    前・富士通システム統合研究所安全保障研究所長
    元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー
    元陸上自衛隊東部方面総監

    1978(昭和53)年、東京大学卒業後、陸上自衛隊入隊。その後、外務省安全保障課出向、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学、函館駐屯地司令、東京地方協力本部長、防衛研究所副所長、陸上幕僚監部装備部長、第2師団長、陸上幕僚副長を経て2011(平成23)年に東部方面総監。2013年退職。著書に『米中戦争―そのとき日本は』(講談社現代新書)、『中国人民解放軍の全貌』(扶桑社新書)、『日本の有事』(ワニブックス【PLUS】新書)、共著に『台湾有事と日本の安全保障』『現代戦争論―超「超限戦」』(ともにワニブックス【PLUS】新書)がある。

    著者紹介

    連載日本はあらゆる領域が戦場になる戦時下である

    本連載は渡部悦和氏の著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    日本はすでに戦時下にある

    日本はすでに戦時下にある

    渡部 悦和

    ワニブックス

    中国、ロシア、北朝鮮といった民主主義陣営の国家と対立する独愛的な国家に囲まれる日本の安全保障をめぐる状況は、かつてないほどに厳しいものになっている。 そして、日本人が平和だと思っている今この時点でも、この国では…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ