いま、投資対象として「再生可能エネルギー」が注目されるワケ

本記事は、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社の『マーケット情報』を転載したものです。

世界の「再生可能エネルギー」事業のいま

風力発電所や太陽光発電所などの再生可能エネルギー資産は、比較的低い運営コストで、長期的に安定した、インフレ連動型の収益を生み出します。

 

英国では、契約上の制度で、収益がインフレに連動しています。また、これらの再生可能エネルギー資産の多くは、負債が少ないか、あるいはまったくない状態で資金を調達しています。

 

その結果、スタグフレーションの環境下で、他の多くの資産よりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

再生可能エネルギー事業から得られるキャッシュフローの詳細な性質は、国ごとに異なります。

 

イギリスは「インフレ連動型」契約

英国における、再生可能エネルギー支援に使用されるもっとも一般的な契約の仕組みは、インフレへの連動を含んでいます。

 

ほとんどの新規プロジェクトで採用されている差額契約(CFD)では、生産者は15年間、インフレ(CPI)に連動した契約価格で実質的に電力を販売することができます。支払いは、英国政府が支援する団体によって保証されています。

 

15年後以降は、電力は市場価格で販売されるようになるため、収益は将来の電力価格に依存しますが、エネルギー価格とインフレ率の間には連動性があるため、暗黙の連動性が維持されることになります。

 

英国の古い契約(Renewables Obligation Certificates、ROC)は、仕組みは異なりますが、RPIに連動するROCの支払いによって、長期間(当初20年契約、現在では残存15年以上残るものはない)にわたってインフレとの連動性があります。

 

英国の風力発電所や太陽光発電所が政府の支援なしで建設される場合においても、ABInBev、Unilever、McDonalds、エネルギー事業者などの多様で信用力のある取引先と、長期契約および多くの場合において、インフレ連動型の契約を締結しています。

 

これらを踏まえた当社の試算によると、インフレ率が年1%上昇すると、英国の再生可能エネルギー事業ではリターンが年0.8%増加することになります。

 

その他ヨーロッパは多くが「固定価格型」契約

欧州では、再生可能エネルギー支援制度は国によって異なります。英国と同様に、これらの制度は時代とともに進化してきました。さまざまな支援制度のなかには、インフレ連動型と固定価格型の両方がみられますが、ほとんどの国が固定価格型の支援制度に移行しています。

 

一部の支援制度では、現在経験しているような、エネルギー価格が上昇した環境下で資産が利益を得るような、アップサイドの可能性を持つものもあります。また、以前は一般的ではありませんでしたが、企業の電力購入契約にも変化の兆しが見えており、インフレに連動する要素が含まれる場合があります。

 

過去に締結された既存の固定型契約は、固定金利債券のように、インフレ率が急上昇するとその魅力を失うことになります。既存のインフレ連動型契約やアップサイドの可能性がある契約は、英国の資産と同様にインフレ率の上昇に対するプロテクションを提供します。

 

新規契約の場合、価格設定は契約期間と価格の両方で、一般的な市場環境を反映したものになります。

 

たとえばドイツでは、価格は主に固定型で契約されていますが、新規契約の価格に関しては、この1年で大幅に上昇しています。ドイツの契約期間は従来10年未満となる傾向がありますが、こちらも進化しており、最近では企業による10年間の電力購入契約が注目されています。

 

英国でも欧州でも、政府や企業との長期契約によってカバーされない電力を生産する資産もあり、それらの電力は一般的な市場価格で市場に販売されます。

 

もちろん、再生可能エネルギー資産の収益は、価格×発電量に等しくなります。再生可能エネルギーの発電量は、風速や風量、日照時間、またメンテナンスなどに必要な「停止時間」によって異なります。これらは比較的予測可能であり、特に中長期的な期間で見た場合には、予測可能性はさらに高まるでしょう。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社 執行役員
プロダクト統括

1994年より、国内系、外資系の資産運用会社で年金資産および投資信託運用に従事。主に計量株式、債券、通貨戦略を担当。 2008年、シュローダー・インベストメント・マネジメントに入社。年金基金、金融法人および個人投資家向けに最適なマルチアセット運用プロダクトの紹介を積極的に行い、マルチアセット運用の普及に努めるとともに、投資家向けに幅広く資産運用に関する情報を発信。

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のホームページはコチラ

著者紹介

連載【シュローダー・インベストメント・マネジメント】マーケット情報

【ご留意事項】
・本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。
・本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。
・予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。
・本資料中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、本資料の作成者あるいは提供者はいかなる責任を負うものではありません。
・本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。
・本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
・本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。
シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社 
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第90号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ