※本記事は、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社の『マーケット情報』を転載したものです。

グローバル株式

2023年のグローバル株式市場はまずまずの結果となりそうですが、視界良好とはいえません。

 

当社が3つの「D」と呼んでいるような要因が重なり、大きなレジーム・シフトが起こりつつあります。新型コロナウイルスのパンデミック以前にすでに顕在化していた構造的な問題が深刻化しています。

 

2024年も不確実な状況が続き、株式市場は不安定なままになる可能性があります。しかし、「どこかに必ず強気相場がある」という古い格言が正しいことが証明されるかもしれません。実際、来年はグローバル株式の投資家にとって、大きな利益をもたらす可能性のある分野も数多く存在すると考えています。

3つのDとフリーマネー時代の終焉

過去10年における金融市場の最大の特徴は、おそらく、リスクのコストが着実に低下したことです。世界金融危機のあと、中央銀行の政策によって金利がゼロまで低下し、資産価格への影響は大きく、価格は大幅に上昇しました。

 

その後、新型コロナウイルスのパンデミックが起こり、ウクライナ戦争がそれに続きました。これにより、長らく醸成されていた圧力が結晶化することにつながりました。

 

さまざまな要因が絡んでいますが、当社は、それらを3つのカテゴリー、すなわち、1)人口動態的(demographics)な制約、2)脱炭素化(decarbonisation)の責務、そして3)脱グローバル化(deglobalisation)の取り組みに分類することができると考えています。これらを総じて、当社では「「D」が導く新時代」と呼んでいます。

 

高水準の政府債務と相まって、これらの要素は供給においてボトルネックを生み出し、賃金コストを上昇させ、インフレ率を押し上げ、ポピュリズム政治の台頭につながっています。

 

各国の中央銀行は断固とした対応を迫られています。金利は大幅に引き上げられ、当分のあいだはこの状態が続くでしょう。金融市場が動揺するのも無理はありません。

過去10年間と逆のことをやるときが来た

2021年までの10年間を振り返ってみると、投資家がすべきことは、株式を買うこと、グロース株(特にテクノロジー株)に投資すること、主に米国に投資すること、バリュエーションを気にしないこと、レバレッジを効かせること(負債による資金調達)など、ごくわずかでした。

 

このアプローチに従う人は誰でも素晴らしい成果をあげたでしょうし、実際多くの投資家はそうしました。

 

しかし、新時代への転換が現在進行しており、ほとんどの資産クラスにおいて投資家への影響は大きくなっています。もっとも明らかなことは、現金はもはやゴミではないということです。銀行の預金が立派なリターンを生むからです。

 

株式投資家は、発想の転換が必要です。たとえば、

 

・地域分散を進める(米国を減らし、その他の地域を増やす)

・構造的変化の影響に注目する

・バリュエーション、質、リスクに再注目する

 

以下では、それぞれの項目について考察します。

 

次ページ新時代で株式投資家に求められる「発想の転換」

【ご留意事項】
・本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。
・本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。
・予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。
・本資料中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、本資料の作成者あるいは提供者はいかなる責任を負うものではありません。
・本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。
・本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
・本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。
シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社 
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第90号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ