(写真はイメージです/PIXTA)

中小企業の経営者にとって事業承継は悩みのタネです。今回は、企業法務に詳しいAuthense法律事務所の西尾公伸弁護士が、失敗の根本的な理由から、事業承継を成功させるためのコツを解説していきます。

予想外に高額の場合も…「税金面」に注意

事業承継をする際には、税金面にも注意を払わなければなりません。たとえば、後継者へ株式を移転する際には、高額な贈与税がかかる可能性があります。また、株式を後継者候補が買い取る場合やM&Aで他社に売却する際などには、経営者に対して譲渡所得税が課税される可能性が高いでしょう。

 

ほかにも、スキームによっては会社自体やほかの株主に税金が課される可能性がありますので、株式の安易な移転は禁物です。

 

「公的支援制度」の活用を

事業承継には、さまざまな公的支援制度が存在します。なかでも、事業承継税制を活用することで、株式の譲渡などにかかる贈与税や相続税を100%猶予してもらうことが可能です
※ 独立行政法人中小企業基盤整備機構:経営ハンドブック 公的支援の受け方

 

活用にはさまざまな要件や注意点がありますので、事業承継のサポートを受ける専門家とよく相談をしたうえで、活用を検討するとよいでしょう。

 

まとめ

事業承継の準備を早くから始めることで、とることのできる手法の選択肢が広がります。また、後継者候補の育成にも時間をかけられることでしょう。事業承継は、ぜひ早めからのご検討をおすすめします。

 

 

西尾 公伸

Authense法律事務所

弁護士

 

関連記事

 

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    本記事はAuthense企業法務のブログ・コラムを転載したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ