自分を紹介する「遊び名刺」で老後のライフスタイルを作り直す (※写真はイメージです/PIXTA)

老後のライフスタイルはそのスタイルに合う自分の名刺を作ることも大事です。名刺は自分という人間を知ってもらうためのツールです。新しい人間関係を作る上で自分が作る名刺が役に立ちます。セカンドキャリアコンサルタントの高橋伸典氏が著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/6(火)開催
業界最大手!出店実績96店舗の安心と信頼の経営実績
新しい「インドアゴルフ事業」投資のご提案

全国に出店拡大!出資パートナーを大募集 詳しくはコチラ>>>

ZOOM・LINEでつながりを広げる方法

▼オンラインでつながろう

 

今はZOOMやLINEのビデオ通話などを使ってオンラインでの会議や集まりが気軽にできるようになりました。以前は会合を開くにも場所決めや人数調整などがあり、気軽に開催・参加ができませんでした。特に同窓会など参加者が全国に散らばっている場合は、集まるのがたいへんで会場予約も一苦労でした。それが今では、全国どこにいても気軽に会に参加できます。

 

オンラインで飲み会・お茶会を開催される機会も多いと思います。オンラインで飲み会・お茶会をされる相手は、仕事仲間、同期入社の方など親しい友達が多いのではないでしょうか。それもいいのですが、せっかくなのでオンラインを活用して、つながりをさらに広げてみませんか。

 

▼年賀状のみの方とのつながりを復活させる

 

例えばあなたは年賀状を出している方と会っていますか? 定年になって「年賀状じまい」をされる方も多いようです。毎年、「元気ですか?」とのコメントだけで、長年会ってないが、何十年ぶりに会ってみたいと思う人はいませんか?

 

そういう人を一度ピックアップしてオンラインで久しぶりに会ってみることをお勧めします。

 

電話かメール先がわかる人に連絡してみて、「LINEビデオかZOOMで話しませんか」とお誘いになると、相手の方も喜ばれると思います。

 

そのうち共通の友人をお誘いして、飲み会・お茶会をされると、長年年賀状だけだったつながりに血が通い、懐かしさと同時に、互いに刺激になることも発見できて、新たなつながりが生まれると思います。

 

▼最新の情報を仕入れる、新しいつながりを作る

 

その中には、年齢的に後輩の方や元部下の方も多いと思います。その方にも、連絡してみて、最近の様子を聞く中で、世代ごとの考え方の違いや共通点を知り視野を広げることができます。独りよがりなシニアになることを防止できますね。

 

例えば、わからないことを聞くと、「自分で良ければ」と案外教えてくれるものです。若い人で声をかけてもらうことを喜ぶ人は多いと聞いています。またオンラインだからこそ、気軽に集えるので、リアルでは参加しないがオンラインなら参加するという方もいらっしゃるようです。

 

もう一つ、互いの知人で何か共通点がある人がいれば紹介し合って、オンラインで一緒に会うようにすれば、そこからまた紹介があったりして、ネットワークが一気に広がるということもあるのでお勧めです。シニアにとってのオンライン飲み会・お茶会は、楽しく話すという以外に仲間がいるという安心感が生まれ、特に話す話題がなくても、安否確認にもなりますね。

 

ポイント
オンラインを使うと、全国の方と交流を持つことができ、普段会えない人とも会える。積極的に使い、ネットワークを広げて楽しもう。

 

髙橋 伸典
セカンドキャリアコンサルタント

 

 

↓コチラも読まれています 

「中古アパート」活用!短期「減価償却」節税を実現した新商品

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

1ドル140円台でも資産を増やすには?理にかなった投資手法

 「新築一棟賃貸マンション」が高い資産価値を維持する理由 

 

「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    セカンドキャリアコンサルタント
    モチベーション総合研究所代表/東京定年男女の会主宰
     

    1957年兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、34年間製薬会社で営業、人事、社員教育を担当する。57歳で早期退職し再就職するも、多くのつまずき、苦労を経験する。しかし試行錯誤を重ねることで乗り越え、リスクなく独立する道をつかみ取る。この定年活動がマスコミに注目され、TBSテレビ『ビビット』「定活」特集に出演、『サンデー毎日』『産経新聞』他、多くのメディアに掲載される。

    モチベーションを高め、セカンドキャリアに自信を持たせる研修講師として5,000人の受講者に明るい未来と希望を与え、行動変容につなげてきた。特に、東京都主催の「東京セカンドキャリア塾」などで行った自らの定年活動の苦労体験に基づくセミナーは、受講者から「多くのサラリーマンの実態が反映されていて納得かつ共感を覚えた」「アドバイスが具体的なので、すぐにでも実践できる」と好評を博している。また、「東京定年男女の会」を主宰し、定年活動、セカンドキャリアのサポートを行っている。現在は全国のシニアに向け、定年活動に役立つ情報を発信し続けている。

    WEBサイト(⇒https://www.takahashinobunori.com/)

    著者紹介

    連載3大リスク「お金、孤独、健康」の不安を取り除く定年の教科書

    ※本連載は、髙橋伸典氏の著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    髙橋 伸典

    日本能率協会マネジメントセンター

    この一冊で定年後の不安を払拭! 定年後の3大リスク(お金/仕事、孤独、健康)に対し、具体的に乗り越える方法を提示。定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ