自分を紹介する「遊び名刺」で老後のライフスタイルを作り直す (※写真はイメージです/PIXTA)

老後のライフスタイルはそのスタイルに合う自分の名刺を作ることも大事です。名刺は自分という人間を知ってもらうためのツールです。新しい人間関係を作る上で自分が作る名刺が役に立ちます。セカンドキャリアコンサルタントの高橋伸典氏が著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】10/29(土)
コロナ禍でも宿泊客を集客する実績と実力
年間最大賃料143万円、利回り4.93%、減価償却の税務メリットも
新しい「別荘所有&別荘投資ビジネス」のご案内 詳細はコチラ>>>

自分を紹介する遊び名刺を活用しよう

▼名刺を持つとこんなに変わる!

 

会社以外の名刺、つまりプライベートの名刺を作ることで大きく変わることがあります。たかが名刺と思われるかもしれませんが、実際に作ってみると違いを感じます。名刺を作ることで変わることを6つにまとめました。

 

①会社以外の方に渡しやすくなる

 

プライベートの会では会社の名刺は渡しにくいものです。会社の名刺には会社名、肩書などが書いてあるので、そこで判断されやすいですが、プライベートの場合は0の状態で自分を見てもらえるので、渡しやすくなります。

 

②自分を知ってもらおうという気持ちが芽生える

 

自分の知ってもらいたいことを名刺に書くことで、自分のことを伝える楽しさが出てきます。

 

③名刺を渡す機会が欲しくなる

 

自分で工夫して作った名刺は、不思議に人に渡したくなります。自分を知ってもらいたいという気持ちから行動的になります。

 

④自分のことを知ってもらうきっかけになる

 

自分が伝えたいことを、書きこむ(裏のスペースも使う)ことで、それが話のきっかけになります。例えば、自分の専門、住所、趣味、自分の思いなど。

 

⑤簡単なプロフィールを書いておくと、見せるだけでわかってもらえる

 

名刺の裏などに、簡単なプロフィールを書き込むことで、どのような人か簡単にわかってもらえます。また、話すきっかけにもなります。

 

⑥時間が無くても、後で自分のHPなどのリンク先を見てもらえる

 

名刺交換時にはゆっくり話せないので、ホームページアドレスや利用しているSNSを書いておくことで、後で見返してもらえます。

 

今まで会社が作ってくれていたので、どうやって作ったらいいかわからないという方も多いと思います。実は簡単にWebで作れるのです。

 

▼名刺の作り方

 

スマホで「名刺作成」と検索すればいくつかの会社が出てきます。例えば「ビスタプリント」でしたら、4つのステップで約10分〜20分で作れます。

 

①デザイン選択→②文字入力→③仕上がり確認→④紙の種類などオプション選択後はカード支払い、100枚が2000円足らずで作ることができます。最短2営業日で届きます。もちろん紙の質を良くするなど、こだわればもう少しかかりますが、予想以上に簡単で安価、そして高品質で種類も多いです。

 

他に多くの会社がWebで探せるので、検討してみて下さい。

 

実際に名刺を作ってみると、いろいろな種類の名刺を作って、所属するグループごとに使い分けたくなります。仲間作り、ネットワーク作りの入り口として作成し活用してみましょう。

 

ポイント
名刺は自分を知ってもらう貴重なツールで、仲間作りの入り口になる。簡単なのでまずは作ってみよう。

 

高橋伸典著『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)より。

高橋伸典著『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)より。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】10月6日(木)開催
利益率30%超も可能!古民家旅館 投資型ビジネス
「10エリア限定」加盟店募集セミナー>>>詳細はコチラ

あなたにオススメのセミナー

    セカンドキャリアコンサルタント
    モチベーション総合研究所代表/東京定年男女の会主宰
     

    1957年兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、34年間製薬会社で営業、人事、社員教育を担当する。57歳で早期退職し再就職するも、多くのつまずき、苦労を経験する。しかし試行錯誤を重ねることで乗り越え、リスクなく独立する道をつかみ取る。この定年活動がマスコミに注目され、TBSテレビ『ビビット』「定活」特集に出演、『サンデー毎日』『産経新聞』他、多くのメディアに掲載される。

    モチベーションを高め、セカンドキャリアに自信を持たせる研修講師として5,000人の受講者に明るい未来と希望を与え、行動変容につなげてきた。特に、東京都主催の「東京セカンドキャリア塾」などで行った自らの定年活動の苦労体験に基づくセミナーは、受講者から「多くのサラリーマンの実態が反映されていて納得かつ共感を覚えた」「アドバイスが具体的なので、すぐにでも実践できる」と好評を博している。また、「東京定年男女の会」を主宰し、定年活動、セカンドキャリアのサポートを行っている。現在は全国のシニアに向け、定年活動に役立つ情報を発信し続けている。

    WEBサイト(⇒https://www.takahashinobunori.com/)

    著者紹介

    連載3大リスク「お金、孤独、健康」の不安を取り除く定年の教科書

    ※本連載は、髙橋伸典氏の著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    髙橋 伸典

    日本能率協会マネジメントセンター

    この一冊で定年後の不安を払拭! 定年後の3大リスク(お金/仕事、孤独、健康)に対し、具体的に乗り越える方法を提示。定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ