キャリアメンターで「自分の経験が女性管理職の手助けになる」 (※写真はイメージです/PIXTA)

何でも屋として使われていた転職先では次第に社長の右腕として活躍するようになり、社員育成では、今までの指示待ちの働き方から、自分で考えるように促すことから始めたといいます。セカンドキャリアコンサルタントの高橋伸典氏が著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

「プロフィール写真撮影会」を開催

■ケース4:再雇用中に自分の道を

 

阿部志保子さんは外資系音響メーカーで長くマーケティングと営業を軸に管理職として働いてきました。人とコミュニケーションをとることが得意で人と関わるのが好きな女性です。海外出張も頻繁で、多い時は1カ月に1回の割合で行かれていたようです。

 

仕事も忙しく子どもを保育園に預けながらフルタイム勤務で、体力的にかなり厳しい時期もありました。

 

阿部さんは2020年に入り世界的な新型コロナ感染症に直面します。全く生活が変化しました。国内外の出張が全くなくなり、100%自宅勤務、会議も全てオンライン、外出もままならない状態になりました。

 

達成感が感じられないあまりの変化に心が沈み、メンタル的に不安定な日々が続いたそうです。友人に誘われ、今後の何か仕事の種になるかもと思い「日本酒利き酒師」の資格を取得したりしましたが、仕事につながる糸口も見えずにいました。

 

そんな阿部さんを救ったのは、意外にも散歩中に見つけた近所の手毬を作る小さな教室でした。

 

「今まで仕事が忙しくてできなかったのですが、小さい頃から手芸には興味があったので、こんな時だからこそやってみようと思ったのです」と阿部さん。

 

やってみると不思議にこころが癒されたそうです。仕事で忘れかけていたもの作りの楽しさを発見した気持ちでした。

 

そして、コロナ禍で定年を迎えることになります。まだ会社員としてやりたいこともあり、米国本社の上司からも請われ再雇用を選びつつも、会社人生が終わった後のことを考えるようになられたそうです。ある日SNSを見ていると、シニアのキャリアを考える東京都主催の「東京セカンドキャリア塾」の広告が目に入りました。

 

「自分が探しているのはこれだ!」とすぐに申し込みます。

 

私はそこの職場体験の講師をしていて阿部さんに出会いました。積極的に質問される活発な女性でした。「定年後に向けて何から始めたらいいのでしょうか」とおっしゃるので、「まずは自分の得意なことで何ができるか考えて、まず行動されたらどうでしょう。阿部さんは人との交流が得意そうなので、人脈を活かされてみては如何でしょうか」とお答えしました。すると数カ月して連絡がありました。

 

「オンライン会議が中心となり、またネット環境で副業・複業をと考えると、まずは納得のいくプロフィール写真を準備したいと思う人が多いと思うんです。私自身もそうですし、特に女性はメイクもして素敵に撮ってもらいたいですよね」

 

阿部さんの弾んだ声が響きます。

 

「仕事で長年お付き合いのある著名写真家の人にお願いしたところOKでした」「せっかくなのでお友達を誘って〝プロフィール写真撮影会〞をすることにしました」とのこと。

 

早速行動に移されたことに驚き、感心し聞いてみました。

 

「阿部さん、凄いですね。行動が早いですね」

 

「いや、自分一人では動き出せなかったかもしれません。東京セカンドキャリア塾の仲間が賛同してくれて背中を押してくれました。刺激し合う仲間がいることはありがたいです」

 

撮影会をやってみると参加者からは大好評。参加を希望する人がどんどん増えてきました。人を集めるのは阿部さんが主に引き受けられ、次回で10回目とのこと。仕事として十分成り立つレベルのものです。

 

あなたにオススメのセミナー

    セカンドキャリアコンサルタント
    モチベーション総合研究所代表/東京定年男女の会主宰
     

    1957年兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、34年間製薬会社で営業、人事、社員教育を担当する。57歳で早期退職し再就職するも、多くのつまずき、苦労を経験する。しかし試行錯誤を重ねることで乗り越え、リスクなく独立する道をつかみ取る。この定年活動がマスコミに注目され、TBSテレビ『ビビット』「定活」特集に出演、『サンデー毎日』『産経新聞』他、多くのメディアに掲載される。

    モチベーションを高め、セカンドキャリアに自信を持たせる研修講師として5,000人の受講者に明るい未来と希望を与え、行動変容につなげてきた。特に、東京都主催の「東京セカンドキャリア塾」などで行った自らの定年活動の苦労体験に基づくセミナーは、受講者から「多くのサラリーマンの実態が反映されていて納得かつ共感を覚えた」「アドバイスが具体的なので、すぐにでも実践できる」と好評を博している。また、「東京定年男女の会」を主宰し、定年活動、セカンドキャリアのサポートを行っている。現在は全国のシニアに向け、定年活動に役立つ情報を発信し続けている。

    WEBサイト(⇒https://www.takahashinobunori.com/)

    著者紹介

    連載3大リスク「お金、孤独、健康」の不安を取り除く定年の教科書

    ※本連載は、髙橋伸典氏の著書『退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    退職後の不安を取り除く 定年1年目の教科書

    髙橋 伸典

    日本能率協会マネジメントセンター

    この一冊で定年後の不安を払拭! 定年後の3大リスク(お金/仕事、孤独、健康)に対し、具体的に乗り越える方法を提示。定年後、どのようにすればいいか不安を抱えている人に贈る指南書です。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ